結婚式の新常識?!しきたりや古い常識にとらわれない新たな選択が増加!

閲覧数:388

結婚式は、二人の愛を公に祝う大切な儀式です。これまで、結婚式は一定のしきたりやフォーマットに則って行われるものと考えられていましたが、近年では多様な価値観やライフスタイルの変化に伴い、新たな選択が増えつつあります。

結婚式新常識:伝統を踏襲しない自由なスタイル

昔ながらの格式ばった結婚式や古いしきたりに縛られず、自分たちらしいオリジナルのスタイルを取り入れるカップルが増えています。場所や服装、進行など、自由な発想でアレンジすることで、よりパーソナライズされた一日を演出することが可能です。

伝統を踏襲しない自由な結婚式スタイル
伝統を踏襲しない自由な結婚式スタイル

インディビジュアルなセレモニーの舞台

従来の教会やホテルでの結婚式に捉われず、結婚式新常識として、自然豊かなアウトドア、アートギャラリー、お気に入りのカフェなど、カップルの個性や趣味に合った場所でセレモニーを執り行う動きが広がっています。これにより、よりパーソナライズされ、思い出深い瞬間を創り出せるのです。

カジュアルなドレスコード

フォーマルなドレスやタキシードではなく、もっとラフで自由な服装で結婚式を楽しむカップルも増加中です。ビンテージドレスやカラフルなスーツ、エスニックな装いなど、自分たちのスタイルを反映したドレスコードが注目を集めています。

自己表現の場としての装飾と演出

伝統的な装飾や演出に囚われない、自由な発想で創り上げるウェディングが人気。手作りの装飾、オリジナルのプログラム、ゲストと一緒に楽しむインタラクティブなエンターテイメントなど、自分たちらしい表現の場として結婚式を演出します。

オリジナリティ溢れるメニュー

古くからの結婚式のメニューにとらわれず、結婚式新常識として、カップルの好みやエピソードにちなんだオリジナルメニューを提供する動きも。地元の食材を使った料理や、カジュアルなビュッフェスタイル、フードトラックでの提供など、楽しみながら美味しい料理を味わえるスタイルが広がっています。

ゲスト参加型の催し

ゲスト全員で一体となり、一緒に楽しむ時間を大切にする傾向も。自己表現の場として、ゲストのパフォーマンスをフィーチャーしたり、みんなで創り上げるアート作品やメッセージボードなど、共創のエレメントが増えています。

これらの結婚式新常識スタイルは、結婚式が単なる「形」ではなく、二人の「物語」を共有し、祝福する場として進化している証です。伝統やしきたりに囚われない自由な発想で、最も思い出深く、特別な一日を創造してください。

結婚式新常識:マイクロウェディング

規模を小さくして、親しい人たちだけを招待する「マイクロウェディング」も流行の兆し。少人数だからこそできる、アットホームでインティメートな結婚式が魅力です。費用も抑えられ、より自由な発想でプランニングが楽しめます。

規模と参加者

マイクロウェディングは、その名の通り小規模なウェディングスタイルを指します。参加者は通常、親しい家族や友人だけとなり、ゲスト数は20人以下とされることが多いです。これにより、よりパーソナライズされ、インティメートな雰囲気を楽しむことができます。

場所とロケーション

小規模なため、結婚式場に限らず、自宅の庭、レストランの個室、公園やビーチなど、多様なロケーションでセレモニーを挙行することができます。これにより、オリジナリティ溢れる、ユニークな式を創り上げることが可能です。

費用

マイクロウェディングは、規模が小さいためコストを抑えられるのが大きな魅力。しかし、それでもクオリティの高い、豪華な式を実現できる余地があります。節約しつつも、特別感はしっかりと演出することができます。

演出

ゲストが少ないため、それぞれのゲストと深く関わることができる演出を取り入れやすいです。例えば、ゲスト一人ひとりに向けたメッセージ、パーソナライズされたギフト、参加型のアクティビティなど、親密な雰囲気を最大限に生かした演出が可能です。

カスタマイズ

少人数だからこそ、フレキシブルにアレンジが可能。メニューや装飾、プログラムなど、カップルの好みやゲストの趣味に合わせて、より細やかにカスタマイズできます。結婚式が一層、パーソナルで特別なものとなります。

写真とビデオ

ゲストとの距離が近いため、自然な表情や感動の瞬間を捉えやすい。プロのフォトグラファーやビデオグラファーを雇って、クオリティの高い記録を残すことも可能です。

マイクロウェディングは、結婚式新常識として注目されています。費用、場所、演出など、多面的に自由度が高いため、カップルの個性や価値観を最大限に反映した、オンリーワンの結婚式を実現することができます。

オリジナルウエディングのおすすめ記事

《アウトドア×ウエディング》キャンプ場で叶える、私らしいウエディングって?

BOHOウエディングってどんなスタイル?海外で注目のBOHOウエディングの魅力を深堀り!

水族館での結婚式が叶う!?申込み方法や開催時の注意点を解説

結婚式新常識:エコ&サステナブル

環境への配慮を重視したエコフレンドリーな結婚式も人気。無駄を省いたシンプルな装飾や、地元の食材を使用したメニューなど、持続可能な取り組みを意識したウェディングが求められています。

エコ&サステナブルウェディングは、環境への影響を最小限に抑えつつ、美しく意味深い結婚式を目指すトレンドです。以下に、その特徴や実施例を詳しく紹介します。

エコ&サステナブルな新常識結婚式
エコ&サステナブルな新常識結婚式

ロケーションの選び方

エコフレンドリーな結婚式新常識では、自然の美しさを活かしたアウトドアロケーションや、環境に優しい建築物でのセレモニーが人気です。また、トランスポートのCO2排出を減らすため、地元やアクセスの良い場所を選ぶカップルも増えています。

装飾とデコレーション

エコウェディングでは、自然素材やリサイクル素材を使用した装飾が中心です。また、プラスチックの使用を減らし、地元の花や植物を使ってデコレーションを行うことで、自然と調和した美しい演出が可能です。

ドレスとアクセサリー

サステナブルなファッションもこのトレンドに欠かせません。ビンテージドレスや、エコフレンドリーな素材で作られたドレス、レンタルドレスを選ぶカップルが増えています。また、アクセサリーも手作りやアップサイクルされたものを選ぶ動きがあります。

フードとドリンク

地元の食材を用いたメニュー、オーガニックやフェアトレードの食材を取り入れ、季節に合った新鮮な食材を中心にした料理が人気です。これにより、食のサステナビリティを高め、ゲストにもその思いを伝えることができます。

招待状とペーパーアイテム

デジタル招待状を利用したり、リサイクルペーパーや植物の種を埋め込んだエコペーパーを用いて、ペーパーウェイストを減らす工夫が見られます。

トランスポーテーション

ゲストの移動手段も考慮され、公共交通機関の利用を推奨したり、シャトルバスを提供するなど、CO2排出の削減に努めるカップルもいます。

ギフトとお礼

ゲストへのギフトもエココンシャスなものを選び、包装も環境に優しい方法で行います。また、寄付をギフトとするカップルも増え、社会貢献を結婚式の一部としています。

エコ&サステナブルウェディングは、未来の地球と社会を考え、持続可能な方法で愛と幸せを祝う新しいスタイルです。自然との共生やリサイクル、ローカリズムに重点を置き、環境への負荷を減らしながら、カップルらしい、特別な一日を創り上げます。

結婚式新常識:オンラインウェディング

コロナ禍をきっかけに、オンラインでの結婚式新常識も一般化。遠方のゲストも参加しやすく、安全に祝福の時間を共有することができます。テクノロジーの進化により、リアルタイムでの交流や感動も十分に味わえる時代に。

オンラインウェディング
オンラインウェディング

技術の活用

オンラインウェディングは、インターネットとデジタル技術を活用して、リモートでの結婚式新常識を実現します。特にコロナ禍での社会的距離の必要性が、このスタイルの普及を加速させました。Zoom, Skype, Google Meetなどのビデオコンファレンスツールが一般的に使われます。

参加者の拡大

オンラインウェディングの最大の利点は、場所にとらわれず、世界中の人々が参加できることです。遠くに住む親戚や友人もログインするだけで、その感動を共有することが可能です。

コスト削減

実際の会場や交通、宿泊などの費用が削減できるため、経済的にも負担が少ないのが特徴です。それにより、他の部分に予算を振り向けるか、費用を抑えることができます。

カスタマイズ可能

オンラインであるため、様々なデジタルツールを使ってオリジナリティ溢れる演出や装飾を加えることが可能です。ビデオメッセージの挿入、バーチャル背景、リアルタイムでのリアクション共有など、創造力が求められます。

記録と共有

オンラインウェディングは、簡単に録画して保存することができます。これにより、後で振り返ったり、参加できなかった人と共有したりすることが容易です。

プライバシーの確保

プライベートな空間で行う場合、参加者を限定し、プライバシーを保ちながらセレモニーを行うことができます。インターネットのセキュリティ対策も必要です。

エコフレンドリー

物理的な移動やリソースの使用が少ないため、環境に優しく、エコフレンドリーなオプションと言えます。

ハイブリッドスタイル

完全オンラインだけでなく、現地での小規模なセレモニーとオンライン参加を組み合わせるハイブリッドスタイルも人気です。

オンラインウェディングは、新しい時代の結婚式新常識として注目されています。技術の進化により、どこにいても愛する人との特別な瞬間を共有し、多くの人と幸せを分かち合うことが可能になっています。

結婚式新常識【オンラインウエディング】の専門店

Joyplanning

結婚式新常識:ジェンダーレスな視点

結婚式新常識における役割や服装など、ジェンダーに囚われないアプローチも注目されています。自分たちの価値観に基づいて、柔軟にアレンジを加えるカップルが増えています。

ジェンダーレスなウェディングは、性別の枠にとらわれず、すべての人が自由に自身のアイデンティティと愛を祝えるスタイルを指します。以下の項目で、その特徴とアプローチを詳細に探ります。

ジェンダーレスな新常識結婚式
ジェンダーレスな新常識結婚式

ドレスコードの自由

従来の「新婦はドレス、新郎はタキシード」という固定観念から脱却し、自分たちのスタイルとアイデンティティに合った服装を選ぶ自由があります。パンツスタイルの新婦、カラフルな装いの新郎など、多様なファッションが認められます。

セレモニーの多様性

セレモニーもジェンダーの枠を超えて、様々な表現が可能です。伝統的な役割分担を排除し、二人の愛とコミットメントを祝う方法は無限大。リラックスしたアットホームな式から、創造性に富んだオリジナルの演出まで、自由に選べます。

役割の再定義

ジェンダーロールにとらわれず、結婚式での役割も自由にカスタマイズ可能です。たとえば、花嫁の父親による「嫁入り」の伝統を、両親、友人、または単独での入場にアレンジするなど、感動的な瞬間を自分たちらしく演出します。

言葉とメッセージ

ウェディングヴァウ(誓いの言葉)やスピーチでも、ジェンダーに囚われない表現が増えています。自分たちの愛を最も正確に表現できる言葉を選び、個々のアイデンティティと愛を称えます。

装飾とテーマ

装飾やテーマ選びも自由度が高まっています。ジェンダーステレオタイプに基づく色やデザインから解放され、自分たちの好みや価値観を反映したオリジナルな演出が可能です。

公平な参加

ゲストもジェンダーにとらわれない参加が可能で、誰もが自分らしいスタイルで祝福に参加できます。これにより、より開かれた、包括的な雰囲気のウェディングが実現します。

ジェンダーレス結婚式
ジェンダーレス結婚式

ジェンダーレスな視点のウェディングは、個々のアイデンティティ、価値観、表現の自由を最優先に考えます。従来の枠組みや期待を超え、多様性とインクルーシビティを祝う新しいウェディングの形が、これからの時代にますます広がるでしょう。

結婚式の新常識についてのまとめ

これらの新常識は、古いしきたりや常識にとらわれない、新しい時代の価値観やニーズを反映したもの。一人ひとりの個性や価値観を大切にし、多様な選択肢の中から自分たちに合った結婚式新常識を創り上げています。未来のウェディングは、よりパーソナルで、より多様なスタイルが許容される、オープンマインドなものとなりそうです。

Profileこの記事を書いた人

Masak

「人の笑顔に多く出会いたい」と思った学生時代。アルバイトとして婚礼会場のサービススタッフを経験したことで「私のイメージしている世界はここだ!」とウェディングプランナーになることを決意しました。
その後は、ウェディング系の専門学校を卒業し、ゲストハウスとホテルでウェディングプランナーに全力投球!新郎新婦さまたちの「ありがとうの涙」に出会えることが本当に幸せだと感じた現役時代でした。

自分自身の結婚に伴い、現在は現場から離れていますが結婚式が大好きな気持ちに変化なし!ウェディングライターとして結婚式の基本知識や定番演出、トレンド情報などを発信しています。

好きなことは読書とお菓子作り。
プランナー駆け出しの頃から「実るほど頭をたれる稲穂かな」をモットーに、何事も初心を忘れず学びの姿勢を大切にしています。