プロフィールムービーはこの邦楽で!プランナーのおすすめは?

閲覧数:342

披露宴で上映するプロフィールムービー。多くの新郎新婦様が取り入れているため、もはや結婚式のマストアイテムといっても過言ではありません。

また、幼い頃からの映像がたくさん流れるので、ご両親や親族の皆様が楽しみにされている演出でもあります。

そんな人気のプロフィールムービーだからこそ、自分たちらしさをぎゅっと詰め込んで、他の新郎新婦さまとの違いを演出したいところです。

そこで今回は、プロフィールムービーにおすすめの邦楽を元プランナーの私Masakが勝手にまとめてご紹介していきます♡中には担当した新郎新婦さまとの思い出が詰まったsongもあるので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

曲の前に…まずはプロフィールムービーの構成をCheck

プロフィールムービーの曲選びを進める前に、基本的な構成について把握しておきましょう。

リクエストする作成会社などによって若干の違いはありますが、基本的なプロフィールムービーの構成は次の通りです。

パート主な内容目安時間
①ご挨拶ゲストへの感謝のメッセージや新郎新婦の名前の紹介など〜30秒
②新郎の生い立ち誕生から社会人までを紹介1分30秒〜2分
③新婦の生い立ち誕生から社会人までを紹介1分30秒〜2分
④二人の思い出紹介馴れ初めや思い出のデート先、プロポーズなどの紹介1分30秒〜2分
⑤エンディングゲストへの感謝のメッセージや結婚後の抱負の紹介など〜30秒

この他にも、挨拶や余興など、役目をお願いしたゲストなど特定のゲストを紹介したり、ゲストとの思い出を紹介するパートを用意することもおすすめです。

プロフィールムービーの目安時間は7〜10分程度

プロフィールムービーを上映するタイミングは、披露宴の中盤に新郎新婦さまがお色直しのため中座をしているタイミング。

お色直しの時間は、長い場合に30分程度時間を要するため、ゲストを退屈させないためにも、お色直しの時間を活用しないのはもったいないですよね。

しかし、お二人が退席中の間もゲストにはお料理が振る舞われます。ムービーの上映中は会場内が暗転するため、暗い会場内では食事も楽しみづらいもの。ゲストに集中してムービーをご覧いただくためにも、ムービーの長さは7〜10分程度を目安に構成することがおすすめです。

プロフィールムービーに関するおすすめ記事

プロフィールムービー コメント例文集【コピペ用】

パパママ婚の方におすすめ!ベビーをテーマにしたプロフィールムービーが登場♡

プロフィールムービーはシンプルで大きな写真をたくさん使うことが正解だった!

おしゃれなプロフィールムービーはこれ!プランナーが解説!

プロフィールムービーのBGM選びのポイント

基本的な構成や目安時間がわかったところで、続いてはプロフィールムービーのBGM選びのポイントについてご紹介していきましょう。

どんな雰囲気にしたい?

まず考えたいポイントは「どんな雰囲気のムービーに仕上げたいか」ということ。

例えば

  • 感動をそそるようなしっとりした映像にしたい
  • 楽しく明るい雰囲気を演出したい
  • オシャレなムービーだと思ってもらいたい

など。

イメージに合う曲やテンポのものからチョイスしてみましょう!

曲は、邦楽にする?洋楽がいい?

次は、プロフィールムービーの曲を邦楽か洋楽か、どちらをチョイスするのか考えてみましょう。

ご自身の好みで選んでも良いですが、両者のメリットからセレクトすることもおすすめです。

プロフィールムービーを邦楽にするメリットは、ゲストにも馴染みがあることや、歌詞から感情移入もしやすく、ご希望の雰囲気を実現しやすいことなど。洋楽は歌詞よりも写真やコメントに集中してご覧いただけることが強みだと言えるでしょう。

プロフィールムービーの曲として邦楽と洋楽のどちらが優れているというものではないため、好みでチョイスすればOKです。

しかし、邦楽と洋楽のどちらを選んだとしても歌詞の内容が結婚式に不向きなものであれば、違和感が残ってしまいます。雰囲気や好みだけで選ばず、歌詞にも目を通しておいてくださいね。

合計、何曲使う?

最後に、1本のプロフィールムービーに合計何曲をチョイスするのかを考えてみましょう。

例えば

  • 長めの曲を選んで1曲を最後まで用いる
  • ①ご挨拶と②新郎パートで1曲、③新婦パートで1曲、④二人の思い出と⑤エンディングで1曲の合計3曲
  • ①ご挨拶〜②新郎パート③新婦パートで1曲、④二人パート⑤エンディングで1曲の合計2曲
  • パートごとに曲を変えて合計5曲使う

など。

1曲で仕上げることで統一感を演出できますし、パートで曲を変えれば、メリハリが出るのでゲストの注目をより集めやすくなるというポイントも。

好みに応じて、使用する曲の数も検討しておきましょう。

\プロフィールムービーにおすすめの邦楽はこちら/

それでは早速、おすすめのプロフィールムービーの曲(邦楽)をご紹介していきましょう!

《男性アーティスト編》邦楽

back number(バックナンバー) / オールドファッション

特に新郎パートで人気が集まるback number(バックナンバー)のオールドファッション。TBSのドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」主題歌に起用されたこともあり、ゲストにも馴染みのある曲かもしれませんね。

プロフィールムービーを邦楽で温かく優しい雰囲気を演出したい方におすすめです。

星野源 / Family Song

アップテンポの中にも優しい雰囲気を演出できる星野源 のFamily Song。相手を思いやる気持ちをぎゅっと詰め込んだ一曲(邦楽)なので、和やかで温かな時間を演出できるプロフィールムービーが期待できますよ!

ナオト・インティライミ / ありったけのLove song

新郎から新婦へのプロポーズを大胆に表現したようなナオト・インティライミ /のありったけのLove song。新婦さまのことが大好きな新郎さまにおすすめの一曲なので、プロフィールムービーのお二人の馴れ初めパートにぜひこの邦楽をチョイスしてみてください♡

「全てをかけて君を愛していく」という歌詞は、まさに結婚式の王道!アップテンポで心地よく見られるプロフィールムービーが期待できます。

菅田将暉 /虹

「一生そばに居るから、一生そばに居て」というわがままにも聞こえるような、彼・彼女を思うようなストレートな歌詞が人気の菅田将暉の虹。ウェディングシーンで人気が落ちない名曲です。二人が過ごす幸せな未来をイメージさせてくれるようなメロディは感動を誘います。また、しっかりメリハリがある曲調なので、邦楽を使って感動的なプロフィールムービーに仕上げたい方にピッタリです。

TEE/ベイビー・アイラブユー

元ボクサーという異色の経歴をもつTEEのベイビーアイラブユー。ストレートなラブソングで結婚式にピッタリな一曲なので、一度は耳にしたことがあるという新郎新婦様も多いのではないでしょうか。

力強くも優しい歌声は、色褪せることなく思い出の写真を飾ってくれることでしょう。プロフィールムービーの演出では、コメントは控えめにして、写真を懐かしみたいという方にもおすすめの一曲(邦楽)です。

《女性アーティスト編》邦楽

NiziU(ニジュー) / Paradise

2023年に公開された「映画ドラえもん のび太と空の理想郷」の主題歌であるNiziU(ニジュー)の Paradise。透き通った歌声は、会場内を優しく包み込んでくれることでしょう。大切な人との絆を感じさせてくれるような歌詞も素敵です。プロフィールムービーのコンセプトにとても合う邦楽です。

JUJU / やさしさで溢れるように

結婚式の定番曲としても人気があるJUJUのやさしさで溢れるように。サビに向かうにつれて盛り上がる一曲なので、複数の曲を活用してプロフィールムービーを仕上げたい場合にもおすすめできます。この曲(邦楽)は優しくもあり、力強い歌声でゲストの心に残るプロフィールムービーに仕上げてくれるはずです。

當山みれい / Dear My Boo

清水翔太の「My Boo」へのアンサーソングとして発表された當山みれい の Dear My Boo。普段なかなか口にできない気持ちを歌う女性目線のラブソングとして変わらず人気があります。透明感のある歌声で写真とともに思い出を振り返りましょう♡。過去の自分を振り返るプロフィールムービーの曲(邦楽)としてピッタリです。

YOASOBI(ヨアソビ) / ハルカ

家族や友人、彼・彼女など、自分にとって大切な人に感謝や幸せを届けたいと願う気持ちを歌う、YOASOBI(ヨアソビ) /のハルカ。落ち着いたテンポで刻むおしゃれなメロディが優しく温かく会場を包み込みます。プロフィールムービーで感動だけではなく、笑顔も届けたいと願う新郎新婦さまにおすすめの一曲(邦楽)です。

おすすめのプロフィールムービー制作会社

AMO 人気プロフィールムービーは下記↓↓↓

あいみょん/ハルノヒ

プロフィールムービーの特に新婦さまの生い立ちパートで人気を集めているあいみょんのハルノヒの曲(邦楽)。サビ部分の歌詞は、新生活への希望とちょっとの不安が入り混ざる、心の様子を表現してくれているかのようですね。

「映画クレヨンしんちゃん新婚旅行ハリケーン〜失われたひろし〜」の主題歌に起用されているため、耳にしたことがあるゲストも多そうです♡

現役時代の新郎新婦さまとの思い出がじわる一曲

現役時代から今でも忘れられない、プロフィールムービー制作での思い出。それは、膨大なL版写真と卒業アルバム、プリクラや印刷されていない写真のデータが入ったパソコンを持参され「写真が選べない!」と来館された新郎新婦様との打ち合わせです。

中学生からの12年という長いお付き合いを経てご結婚されるお二人の思い出は、きっとここにある写真以上なんだろうな・・・と微笑ましく思っていたのも束の間。膨大な量の中から、ムービーに使用する写真を選ぶのは至難の業でした。

当時の職場では「プロフィールムービーに使う写真選び」は、プランナーである私がお手伝いする作業ではなかったので、サロンの一角をお貸しし、お二人で進めていただくことに。

しかし、思い出に花が咲き・・・笑顔や涙でいっぱいのご様子で全く進まず。見るに見かねて、途中からお手伝いを始めましたが閉館後深夜になっても決まらず・・・一度ご帰宅いただいて、選び終わったのは翌日の閉館間際でした。

嵐/Love so sweet

選び終えた後は、すでに達成感でいっぱい!結婚式までまだ打ち合わせ期間もあるし、BGM選びも残っているのに、「終わったーー!!!」と3人で喜びました(笑)

そんな時にサロンに流れたのが、嵐のLove so sweet。「曲は邦楽のこれにします!!」とお疲れもあり、即決でした。なので、この曲を聞くとあの時の達成感を今でも思い出します。

結婚式の曲に関するおすすめ記事

結婚式 曲 ディズニー【プランナー】が選んだ結婚式全部ディズニー曲のご紹介!

結婚式 曲 アニソン【プランナー】が選んだ結婚式まるっと全部アニソン曲のご紹介

結婚式 BGM コーディネート【定番曲】メインでプランナーが紹介

《Masakからのアドバイス》

今回は、私Masakが勝手にプロフィールムービーにおすすめの曲(邦楽)をご紹介しました。

結婚式の曲選びも苦戦する準備の一つですが、プロフィールムービーの曲選びにも苦戦したという感想もよく耳にします。披露宴の中盤を彩る演出するアイテムだからこそ、どんな曲にすればいいのか悩んでしまいますよね。

そんな時は「どんな雰囲気のムービーに仕上げたいか」を念頭におき、曲選びを進めてみましょう!披露宴の曲のテイストに寄せてみることもおすすめですよ。

そんな私が自分の結婚式のプロフィールムービーにチョイスした曲(邦楽)は

JAY’ED/ずっと一緒

でした。

遠距離恋愛からの結婚だったので、お付き合いの期間中の自分たちの思い出を表現してくれたかのような歌詞で即決だった思い出です♡

今でも、運転中の曲としてたまに耳にしますが、私の中で結婚式にタイムスリップできる魔法のような特別な曲。年月が流れても“思い出は色褪せず心に残るもの”です。だからこそ、特別な一曲(邦楽)を選んで思いが詰まったプロフィールムービーに仕上げていただけたらと思います♡

Profileこの記事を書いた人

Masak

「人の笑顔に多く出会いたい」と思った学生時代。アルバイトとして婚礼会場のサービススタッフを経験したことで「私のイメージしている世界はここだ!」とウェディングプランナーになることを決意しました。
その後は、ウェディング系の専門学校を卒業し、ゲストハウスとホテルでウェディングプランナーに全力投球!新郎新婦さまたちの「ありがとうの涙」に出会えることが本当に幸せだと感じた現役時代でした。

自分自身の結婚に伴い、現在は現場から離れていますが結婚式が大好きな気持ちに変化なし!ウェディングライターとして結婚式の基本知識や定番演出、トレンド情報などを発信しています。

好きなことは読書とお菓子作り。
プランナー駆け出しの頃から「実るほど頭をたれる稲穂かな」をモットーに、何事も初心を忘れず学びの姿勢を大切にしています。