2月結婚式の引き菓子♡選び方のポイントとおすすめ商品を紹介

閲覧数:142

結婚式でゲストにお渡しする引き菓子。お礼のマストアイテムでもあるので、どんなものを準備すれば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

引き菓子には、定番人気の商品や季節に合わせたもの、日持ちするもの、個包装のものなどさまざまな商品が登場しています。

そこで今回は、2月の結婚式におすすめできる引き菓子を元プランナーの私Masakが勝手にご紹介♡あわせて選び方のポイントも紹介しているので、最後までチェックしていってくださいね!

まずは引き菓子の基本をチェック!

2月におすすめの引き菓子をご紹介する前に、まずは引き菓子の基本をチェックしておきましょう!

引き菓子とは「引き出物と一緒にお渡しするお菓子のこと」

引き菓子とは、結婚式へお越しいただいたゲストにお渡しする引き出物と一緒にお渡しするお菓子のことです。

以前は、披露宴でゲストに振る舞った食事の一部をお土産として持ち帰っていただく習慣がありました。今ではその習慣がお菓子へ代わり、ゲストの家族にも幸せをお裾分けしようという意味も込めてお渡しすることが定着しています。

引き菓子の予算は1,000円〜2,000円程度が目安

引き菓子は1,000円〜2,000円程度の予算で用意することが目安です。しかし、この金額には地域によって大きな差があります。両家によって引き菓子に対する考え方に違いがあることを念頭に置き、品物を選ぶ時は両家の両親にも一言相談しておくと安心です。

ただ、引き菓子は「引き出物に添える贈り物」という意味があるため、地域の相場よりも高額にする必要はありません。

引き菓子の定番は焼き菓子など日持ちするもの

さまざまな種類の引き菓子が登場していますが、定番は焼き菓子など、日持ちがするもの。

中でも人気なものは、木の年輪に見立てた焼き菓子のバウムクーヘンです。バウムクーヘンはドイツ語の木(バウム)とケーキ(クーヘン)が語源と言われており

・幸せを年輪のように重ねてほしい

・年輪が長寿や繁栄を表している

などの理由から、結婚式の引き菓子として位置づくようになったそうです♡また、焼き菓子のため、日持ちすることも人気の理由。老若男女に好かれるお菓子であることも嬉しいですね!

2月におすすめの引き菓子まとめ

それでは早速、私Masakが独断で選ぶ引き菓子商品をご紹介していきます。

ショコラバウムクーヘン

引き菓子の定番であるバウムクーヘンもチョコレート味をチョイスすれば、2月らしい引き菓子に♡

甘さが控えめなものを選べば、男性にも女性にも喜ばれる贈り物になるはずです。濃いめのブラウンの箱が高級感を演出しているため、見た目が美しいことも嬉しいですね。

マーブルデニッシュ「フォンダンショコラ」

濃厚なショコラの甘さがたまらない!と大人気のマーブルデニッシュ「フォンダンショコラ」。ショコラ生地には、たっぷりのチョコレートが織り込まれているので、トースターで温めて食べていただくのがおすすめなんだとか♡

さらに冬〜春にかけての期間限定販売!この時期にしかオーダーできないことも特別感が増しますね♡限定ものだからこそ、2月結婚式におすすめの引き菓子です。

ラムチョコケーク

口溶けの良いチョコ生地とラム酒に漬け込んだドライフルーツが楽しめる、ラムチョコケーク。大人の雰囲気が味わえるオシャレな焼き菓子です。

フルーツの酸味がアクセントになり、しっとりした生地とのバランスが絶妙!大人のゲストが多い結婚式の引き出物におすすめです。

カステラ(可愛らしい焼印デザイン)

カステラも引き菓子の中で人気がある焼き菓子の一つ。こちらのデザインのように、可愛らしい焼き印がある品物を選べば、受け取ったゲストも思わず笑顔になってしまいますね♡

バレンタインウェディングとしてカステラを引き菓子で贈るなら、チョコ味のチョイスもおすすめです。

アーモンド&マカデミア ショコラサブレ

国産バター100%のサブレをオリジナルチョコレートでコーティングしたサブレのセットです。

こちらのチョコレートは、乳化剤と香料なしというオリジナルの商品!カカオ分52%の濃厚でビターな味わいのチョコサブレ、ミルキーな味わいのホワイトサブレの組み合わせで、ゲストのティータイムをワンランクアップさせてくれそうですね。

ひとくちサイズのバームクーヘン「ブラウニー」

ホールでいただくバームクーヘンも満足感たっぷりで嬉しいですが、一人暮らしの方は食べきれないかもしれません。そんな時は、一口で食べられるような個包装のバームクーヘンをチョイスしてみましょう。

冬の人気商品でもあり、贅沢な気分をおやつタイムで味わっていただけるおすすめの引き菓子です♡

結婚式準備おすすめ記事

結婚式 準備 いつから?プランナーが教えます!

結婚準備で疲れた!解決方法を【プランナー】が伝授!お悩み相談

人気のブライダルヘア6選!ミディアム・セミロング・ロングヘアの花嫁さま向け

オフシーズンの2月結婚式でロマンティックさを演出!メリット・デメリットをご紹介

引き菓子を選ぶ時のポイント

引き菓子を選ぶ時は、季節を演出できるような品物を選ぶこともおすすめですが、以下のポイントにも注意して選ぶと失敗しません。

押さえておきたいポイントは次の通りです。

日持ちするものを選ぶ

引き菓子を選ぶ時は「日持ちするもの」を選ぶことがマナー。当日中や翌日が賞味期限の引き菓子を渡してしまっては、ゲストが食べきれず、困ることが考えられますね。

できるだけ賞味期限が長いものを選ぶようにしましょう。

要冷蔵のものは避ける

ゲストの中には、飛行機や新幹線を利用し、遠方から駆けつけてくれた方や前泊・当日泊などで宿泊を必要としている方もいらっしゃいます。そのため、要冷蔵の品物をお渡しすることは避けてください。ゲストに迷惑をかけないためにも「保存は常温で問題ないもの」を選ぶことが大切です。

小分けになっているものが喜ばれる

一人暮らしのゲストやご夫婦などには、個包装のものが喜ばれます。小分けになっていないものだと「一度に食べきれず、結局破棄してしまった」というパターンが考えられるためです。

ゲストによってお渡しするものを分ける

一人暮らしの方には、個包装のものが喜ばれる一方で、家族が多いゲストであれば、大きめのバームクーヘンでも美味しくいただいてくださることでしょう。そのため、お渡しするゲストの家族構成によって、品物を選び分けることもおすすめです。

ゲストによって引き菓子を贈り分ける事で、年配のゲストには和菓子を混ぜてみたり、ご友人にはトレンドのお菓子を渡してみたりと、最も喜んでもらえそうなものを用意することも叶いますね。

新郎新婦の出身地のお菓子をチョイスしてみても良い

自分たちらしさを演出したいなら、出身地ならではのお菓子を引き菓子にチョイスしてみることもおすすめです。

お互いのゲストには馴染み深いものも、お互いの出身地が違う場合相手方にとってはとても新鮮に感じるものになるかもしれませんね♡

《Masakからのアドバイス》

今回は、私Masakが2月の結婚式におすすめできる引き菓子をご紹介しました。

2月だけでなく寒い季節になると、甘いものがなんだか欲しくなりますよね♡温かいコーヒーや紅茶でのティータイムに合うような、オシャレなチョコレートギフトを引き菓子で用意してみましょう♡

また、バレンタイン時期に合わせて「期間限定」で発売される引き菓子も少なくありません。定番のバウムクーヘンもチョコラ味をチョイスすれば、一気に2月らしさが増しますね♡

お二人のこだわりを引き菓子に込めて、ゲストにお渡ししてみてくださいね!

Profileこの記事を書いた人

Masak

「人の笑顔に多く出会いたい」と思った学生時代。アルバイトとして婚礼会場のサービススタッフを経験したことで「私のイメージしている世界はここだ!」とウェディングプランナーになることを決意しました。
その後は、ウェディング系の専門学校を卒業し、ゲストハウスとホテルでウェディングプランナーに全力投球!新郎新婦さまたちの「ありがとうの涙」に出会えることが本当に幸せだと感じた現役時代でした。

自分自身の結婚に伴い、現在は現場から離れていますが結婚式が大好きな気持ちに変化なし!ウェディングライターとして結婚式の基本知識や定番演出、トレンド情報などを発信しています。

好きなことは読書とお菓子作り。
プランナー駆け出しの頃から「実るほど頭をたれる稲穂かな」をモットーに、何事も初心を忘れず学びの姿勢を大切にしています。