コロナ禍の結婚式準備を楽しむ!

閲覧数:221

コロナ禍の結婚式準備は大変です。と新郎新婦のお二人から聞くことが多いです。かつてないほど、私たちの生活を一変させてしまった新型コロナウイルス。国内だけでなく、世界中で多くの人々が頭を悩ませているこの日常は、誰も経験したことがなく終息の目処も立たない状況です。

この状況下において、結婚式を予定されていた新郎新婦さまは日程の延期するだけでなく、中には結婚式を諦めたかたもいるでしょう。この他、結婚式の準備を進めたいと思っている場合でも、思うように進められず、戸惑っていこともあるのではないでしょうか。

延期を嘆いても、残念なことに現状は変わりません。そうあれば、「準備期間が延びたんだ!」と前向きに検討してみませんか?

今回は、コロナで結婚式が延期になった方に向けて「延期になったことでできる準備の項目」をご紹介していきます。

2020年春のコロナ禍の緊急事態宣言下は約90%のカップルが結婚式を延期している

コロナウイルスの第一波であってた2020年春。国内でも緊急事態宣言が出されたり、東京のロックダウン、リモート出勤が増えるなど、多くの人が「人との交流」を減らしました。

その結果、予定されていた結婚式も約90%もの方が延期を決定。中には、元々予定していた結婚式を災害等で延期したため「三度目の延期はゲストにも迷惑」と結婚式を自粛された方もいました。コロナ禍の結婚式準備は大変で全く進んでいない新郎新婦も多くいました。

予測できないまさかの事態に、延期(又は中止)も致し方ないと多くの方が諦めていた様子です。

コロナをうけウェディング業界も進化している

コロナを理由に結婚式を諦めてしまうことは、とても残念なこと。新郎新婦さまの新しいスタートをお祝いすべく、ウェディング業界も緊急事態宣言あとには大きな変化を見せました。

中でもおおきな変化がwithコロナ時代の結婚式宣言です。4月に発表されたこの宣言には多くの会場が賛同。11月上旬には、全国69社、204もの会場が会社間の枠を超え、新郎新婦さまの幸せのために力を注いでいるのです。

宣言の中には

  1. オンラインの打ち合わせを活用
  2. 日程変更時は実費負担だけでの対応が可能(各会場により特典の利用可否や変更時期等の条件は異なります)
  3. 式場見学前のオンライン面談を推奨

などが含まれ、会場側にとっても新郎新婦側にとっても、安心できる内容で構成されています。コロナ禍の結婚式準備に対応した結婚式場も増えました。

ipponグランプリのパロディがやばい!結婚式で笑えるオープニングムービー

延期になった結婚式。せっかくだからコロナ禍の結婚式準備を楽しもう

日取りが延期になってしまった事実は悔やんでも変わることはありません。それならば、コロナ禍の結婚式準備を楽しみ、少しでも前向きに結婚式に備えていただければと思います。

コロナ禍の結婚式準備

延期=結婚式準備期間が延びた

延期の事実を「コロナのせいで私たちの結婚式が延期になってしまった」のではなく、「延期にしたし、準備期間が延びたんだ」ととらえてみませんか?

結婚式の準備期間は新郎新婦さまにより異なるとは言え、本格的な準備の始動開始は挙式の4カ月から半年ほど前です。そのため、それ以前に式場を予約していればゆったりと準備が進められるといえますね。

コロナを理由に、結婚式の日程を延期したのであれば、それは準備期間が長くなったことに該当します。この時間に焦るのではなく時間が無くてできなさそうなことにチャレンジしてみると視点を変えてみましょう!

結婚式延期だからこそチャレンジできる内容3つ

①ステイホームを活用できるからこそ、ハンドメイドにもチャレンジできる

コロナ禍の結婚式準備の中でチャレンジしてみたい項目の一つに、ハンドメイドやDIIYがあります。どちらもある程度の時間やゆとりがないと進められないアイテムのため「やってみたいけど、時間ないし諦めよう」と思うケースも少なくありません。

しかし、ステイホームの一環として結婚式のアイテムをハンドメイドしてみませんか?チャレンジするアイテムはペーパーアイテムでもプチギフトでもウェルカムアイテムでもOK!プロフィールムービーなどの映像アイテムにチャレンジしてみることもいいですね。

②自分磨きにも十分な時間を確保

時間がないと進めづらいコロナ禍の結婚式準備のひとつに「自分磨き」という項目もあるのではないでしょうか。男女ともに日は一日にしてならず。ボディメンテナンスやフェイシャルケアも一日だけでは思うような効果が得られないことも多いのです。

日程延期で準備時間が確保出来たのなら、エステや脱毛にトライすることも十分に可能です。三密も気になる部分ですから、自宅でできるセルフケアにチャレンジしてみることもおすすめです。

③自分がやりたいことをもう一度考えてみる

結婚式の延期を決断したときに、ぜひ考えていただきたい項目が「自分たちは結婚式でなにがやりたいのか」、「ゆずれないポイントはなんだろう?」という、自分たちならではのこだわりです。このこだわりは、十人十色。100組の新郎新婦さまで100通りのこだわりがあって当然なのです。

こだわりが何かが明確になったら、そのこだわりを叶えるためにコロナ禍の結婚式準備を進めてみましょう。例えば「希望のデザインのドレスが着たい」場合は、気に入るまで衣装探しの時間を確保出来ますし、気に入ったデザインが見つからない場合はオーダーも視野に入れられます。時間がかかるオーダーも、延期だからこそ叶うわがままの一つだといえるでしょう。

コロナ禍の結婚式準備のまとめ

  • 日程の延期=結婚式準備の期間が延びたととらえて
  • 時間がある分、通常だったらできない準備に取り組んでみて
  • エステや脱毛など、自分磨きの時間にも活用できる
  • こだわりが何かを考え、自分のわがままを実現する時間に充ててみる

コロナウイルスの感染を背景に、結婚式の日程を延期した方に向けて「延期=準備期間が延びた」と前向きに考えられるポイントをご紹介しました。予定していた結婚式を延期することは、だれだって悲しく残念なこと。しかし、それを嘆いても日程を元に戻すことは叶わないでしょう。

それなら、「ゆっくり準備できるようになったんだ!」と前向きにとらえ、準備時間を色濃く楽しめるよう、考え方を変えてみましょう!通常だったら進められなかったコロナ禍の結婚式準備や妥協してしまう項目も、納得いくまで悩み考えて行く事が叶います。これは延期になった事実があるからこそ。

日程を延期したことも快諾してくれ、新しい日程にも快く参加して下さるゲストの笑顔を思い浮かべて、できることから少しずつ準備を進めていきましょう!