コロナ禍でも入籍したい!今だからできる方法で入籍準備を進めよう

閲覧数:1118

新型コロナウイルスの流行を背景に、ステイホーム時間が増え自分たちの将来について真剣に話し合う方も増えてきました。その中で「入籍したい」という気持ちが固まった方も少なくありません。

しかしコロナ禍の今、「どうやって婚約を伝えたり、入籍を進めていけばいいの?」とお悩みを抱えている方が多いのも事実。

そこで今回はコロナ禍でも入籍を進める方法やオススメの報告の仕方についてご紹介していきます。

まずは自分の両親へ結婚の意思を伝えて

コロナが流行する以前と変わらず、結婚の意思が固まったら、まずは自分の両親への報告を済ませましょう。

日を空けるのではなく、なるべく早い段階で「結婚したいと思っている」「お付き合いしている彼(彼女)と結婚する話を進めたい」など、結婚の意思があることをお伝えされるといいですね。

理想では対面での報告ですが、コロナ禍の今は対面が必ずしも望ましいとは言えません。LINEやメールなどを使って報告したり、電話やzoomなどでの報告がベターです。

ふたり揃ってお互いの両親へ挨拶

このポイントもコロナ流行前と同じです。

通常は女性側の両親へのご挨拶を先に済ませますが、家族の事情やお住まいの距離などの事情を考慮し、男性側が先になることも考えられます。その場合は女性側の両親へ「先に男性側に挨拶へ行く」と伝えておきましょう。

挨拶も対面が望ましいと言っても・・・

通常は対面で結婚の報告を済ます事が望ましいとはいえ、今の世の中の状況をふまえると、対面での報告が必ずしも望ましいとはいえません。是が非でも対面するのではなく、SNSを活用したオンライン通話やzoomなどの会議ツールを活用し、オンラインで予定してみてはいかがでしょうか。

オンラインとはいえ、大切なご挨拶の場に代わりはありません。スーツを着用し、できる限りの誠意を見せることが大切です。訪問時に手渡すお土産の代わりに、ご挨拶を込めて品物を送る気遣いも忘れずに!

コロナ関連の記事

コロナ禍でも入籍したい!今だからできる方法で入籍準備を進めよう

滞在型ウエディングを予定しませんか?withコロナの今だから!

新型コロナウイルスを理由に結婚式を延期を決定した場合「何をどうすればいいの?」ウエディングプランナーがお応えします

状況やタイミングを考慮してご両家での顔合わせを実施

ご両家それぞれの親御様に結婚の報告を済ませ、結婚することを認めていただけたなら次のステップとして「両家の顔合わせ」を検討しましょう。

二人の実家が近い場合は集合も可能

同じ都道府県に実家がある方や、他府県であっても短時間で移動が叶う距離であるなら、中間地点等でご両家が集合し、対面で実施することも可能です。コロナの事情を加味してなるべく早く済ませられるよう、食事会ではなくお茶にすることや、人数は最大6名までとするなど、予定方法も工夫してみましょう。

距離が離れているならオンラインでの実施も検討して

ご両家の実家やおふたりの住まいが離れている場合は、なかなか1ヵ所に集まることも難しいもの。その場合は、ご挨拶同様にオンラインでの顔合わせを計画しましょう。

一方で、「結婚の顔合わせなのにzoomなんて!」と意見が合わないことも考えられます。親御様の気持ちもごもっともですが、コロナがいつ収束するか分からない今「会えるまで待つ」ことが得策だとは言い難いです。

コロナの状況に注意しながら、今できる方法で進められないか親御様に交渉する気持ちで相談されるといいですね。

結婚式前に入籍することもOK

コロナの流行以前から、結婚式前に入籍するカップルは増加傾向にありました。コロナ禍の今でも、結婚式前に入籍することは何らおかしなことではありません。

逆にコロナで結婚式がいつ実施できるか分からないのに、入籍を待つというのも得策とは言えず、よほどの事情や日程のこだわりがない場合は、顔合わせ後に入籍を進められると良いでしょう。

結婚報告はまずはハガキで済ます

入籍を済ませ、晴れて夫婦となった後は、親しい間柄の人たちへ結婚の報告を実施しましょう。

通常であれば、結婚式や披露宴実施のあとに発送する結婚報告ハガキですが、今は結婚式自体の予定がなかなか立てづらい時期。結婚式や披露宴を実施する前でも「結婚報告ハガキ」を活用し、結婚報告をすすめていきましょう!

掲載する写真は今の自分たちでもOK

ハガキに写真の掲載は必須ではありませんが、自分たちの写真を掲載し「私たち元気ですよ!幸せですよ!」という姿を紹介してみることもオススメです。

結婚式前に前撮りを実施している場合や、フォトウェディングを実施したのなら、その際の写真を活用しましょう!なお結婚の雰囲気も伝わり、ゲスト側もほほえましく感じていただけることでしょう。

コロナ禍での入籍におけるポイント

  • コロナが流行していても自分の親に結婚の報告をすることやお互いの両親への挨拶を済ます事は必須項目
  • 両家の顔合わせは、お互いの住まいや都合を考慮して実施方法を検討する
  • オンラインの活用も検討して
  • 入籍後の報告は結婚報告ハガキを活用すると◎

コロナ禍の今、入籍を済ませたいと思っている方に対し、今だからできる方法や準備事項などをまとめてご紹介しました。

結婚式はタイミングを見て実施するとしても、新郎新婦ふたりの問題である入籍は、コロナ禍でももちろん進めて行く事が可能です。必要に応じてSNSやオンラインツールなどを活用し、間延びしてしまわないように進めていけると良いですね。

結婚報告ハガキで今の自分たちやフォトウェディングの写真などを活用し、ゲストへの報告を進めることもオススメです。

また、内閣府が出している結婚新生活支援事業で補助金が出ることもあります。情報は頻繁に確認していきましょう。