フリーウエディングプランナーに結婚式依頼する「メリット」は?【元式場プランナー談】

閲覧数:183

自分らしさを演出することがトレンドになっている昨今。結婚式場やホテルでのパーティーに縛られず、自由な場所での結婚式を検討している方が増えているように思います。

そんな自由なパーティーの演出に欠かせない存在が結婚式を全面的にサポートしてくれる「ウエディングプランナー」さんですよね。

そんな中、決まった式場に勤めず自由に活動しているフリーウエディングプランナーさんなら、会場の制限に縛られず自由な結婚式が演出できると注目が集まっているんです!

そこで今回は、式場に勤めている専属のプランナーさんとフリーウエディングプランナーさんについてそれぞれのメリットやデメリットを違いと共に紹介していきます。

かくいう私は、元式場専属のプランナー。だからこそ、両者の違いが見えていたりもします。

  • どんな結婚式を挙げようかな
  • どこに申し込めば自分たちの希望が叶うだろう?

など、結婚式の内容や、申込先を先を検討している方の参考になったら嬉しいです。

プランナーにある2通りの働き方

ウエディングプランナーさんには、前述した通り大きく分けて

  • 会場に勤めている
  • 決まった会場に勤務しておらず、自由に活動している

という、2通りの働き方があります。

この他にも、ウエディングのプロデュース会社に勤めているプランナーさんもいます。プロデュース会社の多くは、結婚式を挙げるための決まった会場を保有していないことが多いです。そのため、プロデュース会社のプランナーさんは、フリーのプランナーさんに近い存在だと言えるでしょう。

まずは、それぞれのプランナーさんの違いについて簡単に解説していきます。

会場に勤めているウエディングプランナーさん

ウエディングプランナーといえば、多くの方がホテルや専門式場のスタッフを想像するのではないでしょうか。このようなプランナーさんは、その会場専属でありいわば式場やホテルの従業員だといえます。

そのため「A式場で出会ったプランナーのBさんに結婚式をお世話になりたいけど、会場はA式場ではなくCホテルがいいな」となった場合・・・Bさんにお願いするならA式場で申し込みをしなければなりません。

ということは、Cホテルに申し込む場合は、Bさんに依頼することが叶わないのです。

自由に活動しているフリーウエディングプランナーさん

フリーウエディングプランナーさんは、その名の通り「自由」な立場で活動しているプランナーさんです。決まった会場の従業員ではありません。

そのため「プランナーのBさんにDレストランで結婚式をサポートして欲しい」とリクエストすることが叶うのです。

このほか、新郎新婦さまの希望を聞きながら、プランナーさんが案内している会場リストにない場所との交渉を依頼できるケースも多いです。

これは、個人で活動しているプランナーさんだけでなく、結婚式のプロデュース会社に所属し、活動している方にも同じことがいえます。

専属プランナーとフリーウエディングプランナー、どちらがいいの?

次に、会場専属のプランナーさんとフリーで活動するフランナーさん、それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきましょう。

《フリープランナーに依頼したい方必見!》リサーチや申し込み方法って知ってる?

式場専属のウエディングプランナーに依頼するメリット

1)式場の魅力を熟知している

専属プランナーさんの最大の魅力は、その会場の魅力を熟知していることです。その会場が大好きで入社しているケースも多いです。写真映えするスポットやこの角度からの撮影が素敵!など、カメラワーク一つとっても安心できるアドバイスをもらえることでしょう。

2)業者さんとのチームワークもバッチリ

結婚式当日は、カメラマンやヘアメイク、音響に司会者とさまざまなスタッフが関わります。専属のプランナーさんは、こういったスタッフと結婚式の度に顔を合わせています。そのため信頼関係も濃く、連携が十分に取れていることも大きなポイントです。

突然のトラブルにもさっと対応してくれることは、専属プランナーを含め会場に慣れているスタッフの強みだといえますね。

3)できる演出とできない演出が明確

さまざまな結婚式演出の情報が出回っていますが、リクエストした演出が全ての会場で実現できるわけではありません。できる演出もあれば、できない演出もあるのです。

そのため、新郎新婦からトレンドの演出をリクエストする声が上がった時に「できる・できない」の判断が明確です。

万が一、希望する演出が取り入れられない場合は、代替え案を提案してもらえることも期待できます。この他、似た演出を紹介してもらえるケースもあるでしょう。

4)プランのパッケージ化で準備がスムーズ!

専門式場やホテルの結婚式費用は、プランになっていることも多く、披露宴のスケジュールもある程度決まっています。そのため、お仕事などプライベートが忙しい場合や、結婚式までの時間がない場合には、重宝します。

ポイントを絞ってこだわりを演出したいと考えている場合にも、専属プランナーさんと相談することで、自分たちらしい結婚式にアレンジできるでしょう。

式場専属のウエディングプランナーに依頼するデメリット

1)ある程度決まったパターンの結婚式になってしまう

パッケージ化されている式場のプランを活用する場合、披露宴の進行がある程度決まってしまっている場合も少なくありません。多少オリジナリティの演出ができたとしても、100%オリジナルに!というわがままが叶わないケースもあります。

「自分たちらしさ」をどこまで追求するかにより満足度は異なります。そのため、個性を発揮した結婚式を希望する場合は、必ず叶うと言い難いことも念頭におきましょう。

2)会場側の判断でプランナーが決められてしまう

ブライダルフェアで出会った専属プランナーさんと意気投合し、そのまま契約したのに、担当プランナーは別の人だった

という心残りな体験談を目にすることもあります。

専属プランナーさんはあくまでも会場やホテルの従業員。会場側の判断で担当を割り振ることも多く、自分たちの希望が叶わないケースがあるのです。また、自分たちが契約する日程だと、希望プランナーさんは他の結婚式の担当が決まっているケースもあります。

フリーウエディングプランナーに依頼するメリット

1)会場に縛られないため、自分たちらしい場所で結婚式をリクエストできる

フリーウエディングプランナーさん最大のメリットは「結婚式場などの決まりに縛られることなく自由なスタイルを検討できる」ことにあります。これは、会場に雇用されているわけではなく、自由に活動していることが理由です。

そのため、個性全開で自分たちらしい結婚式を挙げたい!というカップルにはもってこい!

会場という箱に縛られず、サッカースタジアムや美術館など、さまざまな場所での結婚式実現も可能です。

2)費用が比較的安い

会場に縛られていないプランナーさんだからこそ、結婚式費用もプランナーさん次第で大きく変わります。

しかし、仲介手数料(マージン)をカットしていることが少なくありません。その分「プロデュース料」を設定しているのです。

プロデュース料を支払ったとしても、結果的には専門式場やホテルでの結婚式よりも最終見積もりが安く済むこともあります。結婚に伴い、必要な費用も多いため、支払いが’少ないことは嬉しいですよね。

フリーウエディングプランナーに依頼するデメリット

1)こだわりたいポイントがない場合は悩むケースも

「自分たちらしさ」を演出することがトレンドである一方、カップル全てが

  • こだわりを演出したいと希望している
  • 演出などに対して強いこだわりがある

とは言い切れません。

  • 少しオリジナリティが取り入れたらいいや
  • 結婚式らしければOK!

など、こだわりを持たないカップルもいるでしょう。

強いこだわりがある場合は、オリジナリティーを追及するフリーウエディングプランナーさんが強い味方になります。しかし、大きなこだわりがない場合は、悩みが大きくなることが考えられます。多忙な中で結婚式準備を進める方も多いため、悩む時間が多くなることはデメリットに繋がります。

フリーウェディングプランナーのプラットフォーム

2)希望の式場で契約できない

ホテルや専門式場での結婚式に憧れている場合、フリーウエディングプランナーさんに依頼しても、希望の会場で予約ができないこともあります。

それは、式場に専属プランナーさんがいるためです。

気に入った式場を優先するのか、プランナーさんを優先するのか、じっくり話し合って決めると良いですね。

「私たち本当に感動したんです」お礼をもらったプランナーの生の声、聞いてみたくない?

《Masakからのアドバイス》

ウエディングプランナーには、式場専属で働いているプランナーさんとフリーランスとして活動しているプランナーさんがいます。

今回は、それぞれのプランナーさんに依頼するメリット・デメリットについてご紹介しました。

式場専属のプランナーさんも、フリーランスのプランナーさんも、メリット・デメリットを超えて「結婚式が大好き!新郎新婦のために頑張りたい!」という気持ちに違いはありません。

そのため、どちらを選ぶのかではなく「どんな結婚式を希望しているか」が大きなポイントになります。その式場専属のプランナーさんが自分たちに合っているのか、フリーランスのプランナーさんの方が希望が叶うのかを検討していきましょう。

ちなみに・・・

私はホテルとゲストハウスで専属プランナーとして仕事に当たっていました。会場の制約がある分、その中でいかに工夫しながら新郎新婦さまそれぞれの披露宴を計画していくか、が大きなポイントだったなと思います。

結婚式の満足度は式場はもちろん、どんなプランナーさんに依頼するかでも左右されます。自分たちの希望が叶うよう、妥協せず式場やプランナーさん選びを進めていただければと思います。