パパママ婚の方におすすめ!ベビーをテーマにしたプロフィールムービーが登場♡

閲覧数:362

結婚式スタイルが多岐にわたる昨今では、お子さんが生まれてから結婚式を検討するご夫婦の姿も多くみられるようになりました。その数は4組に1組の割合と、案外多いと言われています。

また、妊娠中は体調に不安がつきもの。無事お子さんが生まれてから家族で迎える結婚式は、大切な思い出になりますね♡

そんなパパママ婚ご希望のご夫婦は、家族やお子さんをテーマにあたたかい結婚式の演出を検討することもおすすめ。他のカップルでは演出できないようなファミリーウェディングを予定していきましょう!

そこで、パパママ婚ご夫婦におすすめのプロフィールムービーをご紹介!大切な我が子の写真も登場させ、ゲストに自分たちの思い出をご紹介していきましょう!

「ファミリープロフィール」はこんな人におすすめ!

お子さんの画像がパパとママの生い立ちや思い出を紹介していくストーリーが魅力。ファミリープロフィールはこんなご夫婦におすすめです。

・パパとママになってから結婚式を挙げる

・コロナ禍で結婚式ができず、お子さんがすでに誕生している

・お子さんをゲストにも紹介したい

・家族の絆を大切にしたい

プロフィールムービーはゲストが楽しみにしていることが多く、中座中に上映する定番の演出です。その分、ゲストもいくつかの作品をご覧になっていることでしょう。

そのため、他の方と一味違うテイストで作成することがゲストの思い出に残る秘訣。お子さんの写真をたくさん登場させて、自分たち家族らしさを存分に詰め込みましょう!

人気のプロフィールムービーおすすめ記事

おしゃれなプロフィールムービーはこれ!プランナーが解説!

プロフィールムービーはシンプルで大きな写真をたくさん使うことが正解だった!

プロフィールムービー コメント例文集【コピペ用】

ベビーの自己紹介からスタート!

プロフィールムービーのスタートは、ベビーの自己紹介から。お名前と写真を登場させて、可愛い姿をゲストにご覧いただきましょう。

そのあとは、ベビーから「パパとママを紹介するよ!」と、新郎新婦であるパパとママの生い立ちの紹介がスタートします。

ファミリープロフィールの見どころ

早速、パパママ婚の方必見のプロフィールムービー、「ファミリープロフィール」の見どころをご紹介していきましょう!

ベビーからパパとママの思い出を紹介

一般的なプロフィールムービーは、紹介したい写真に対し、自分目線でコメントを入れます。

例えば

・幼稚園入園 お母さんと離れたくなかったのが思い出です

・小学校入学 2キロ先の学校までお姉ちゃんと毎日一緒に投稿しました 

・部活    泣いて笑って一緒に汗を流した仲間との思い出は宝物です

など。

ですが、ファミリープロフィールはベビーがパパとママを紹介するスタイル。

・赤ちゃんのパパ、可愛いね

・パパは野球部でピッチャーだったんだって

・ママ入学式に寝坊したんだって!

など、第三者目線のコメントで写真の紹介が可能なんです。

ベビーのこともゲストにしっかり紹介できる

パパとママである新郎新婦の紹介パートの後は、ベビーの紹介がスタート。

ベビーの名前や誕生日はもちろん、お宮参りや誕生日など、ゲストに紹介したい記念日をピックアップしてムービーで披露していきます。

ゲストにベビーを紹介できていない方や、小さい頃ベビーのことをもっと知ってほしいと思う方におすすめのパートです。

ゲストの紹介も可能♪

他のプロフィールムービーでも取り入れられることが増えてきた「ゲスト紹介」。もちろんファミリープロフィールでも構成に盛り込むことが可能です。

当日参加のゲストを写真だけで紹介するのもよし。コメント付きで紹介するのもよし!お二人らしい紹介の方法でゲストをゲストに紹介していきましょう!

新郎新婦のプロフィールムービーなのに、自分の写真が登場したらゲストから思わず照れ笑いが飛び出してきそうですね♡

映像のラストは新郎新婦からのメッセージで締め!

プロフィールムービーのラストは、新郎新婦からゲストへのメッセージを取り入れて締めくくりましょう。

そんな映像はこちらからCheck!

▶︎https://www.amo.am/movieitem/profile/?id=10377

パパママ婚プロフィールムービーのコメント例文

だいすきなパパとママ佐々木健一 & 鈴木花子の結婚式プロフィールムービー

佐々木健一さんと鈴木花子さんの結婚式プロフィールムービーは、彼らの愛と人生の物語を、彼らの2歳の息子の視点から優しく描き出します。この特別な映像は、赤ちゃん言葉で表現された心温まるコメントを通して、彼らの生い立ちから結婚に至るまでの大切な瞬間を紹介します。

パパママ婚プロフィールムービーコメント例文 新郎

佐々木健一さんのエピソード

  • 生まれた日「パパ、星がきらきら輝く夜に生まれたんだよ。その星たちが、パパの誕生をお祝いしてたみたい!」
  • 初めての自転車「パパが初めて自転車に乗った日、おじいちゃんが支えてくれて、すっごくうれしそうにしてたんだって。」
  • 小学校の運動会「パパ、小学校の運動会でリレー走ったの。すごく速くて、みんなに応援されてたんだよ!」
  • 家族旅行の思い出「パパが子供の頃、家族で海に行った時のこと。お砂浜でお城作って、みんなで笑ってたんだって!」
  • 初めてのキャンプ「パパ、初めてキャンプに行った時、テント立てるのが大変だったけど、すっごく楽しかったって!」
  • 中学の音楽会「パパ、中学校で音楽会があった時、ドラムを叩いて、かっこよかったんだって!」
  • 高校の卒業式「パパ、高校卒業した日、友達と抱き合って、ちょっと泣いてたんだ。たくさんの思い出に感謝してたんだね。」
  • 大学のサークル活動「パパ、大学でサッカーサークルに入って、たくさん試合に出たの。みんなと一緒に汗を流して、いい友達ができたんだって!」
  • 初めての海外旅行「パパ、大学生の時に初めて海外に行ったんだって。すごく新しい世界を見て、目をキラキラさせてたんだよ!」
  • お仕事の成功「パパ、お仕事で大きなプロジェクトを成功させた時、すっごく頑張ったんだって。みんなに感謝してたよ!」

佐々木健一さんのこれらのエピソードは、彼の人生の大切な瞬間を心温まる言葉で描いています。特に彼が子供の頃の家族との思い出や、成長してからの挑戦や成功の瞬間は、彼自身にとっても感動的な思い出でしょう。結婚式のプロフィールムービーでこれらのエピソードを紹介することで、ゲストにも健一さんの人生を深く理解してもらえるはずです。

パパママ婚プロフィールムービーコメント例文 新婦

鈴木花子さんのエピソード

  • 生まれた日「ママは春の訪れとともにこの世に生まれたんだよ。周りには美しい花が咲いていて、まるでママを歓迎しているようだったって。」
  • 初めての絵画展「ママが小さかった頃、初めて絵画展に出展したの。そのカラフルな絵は、今でも家族の宝物なんだ。」
  • ピアノの発表会「ママのピアノの発表会では、彼女の演奏に聞き入る人たちがたくさんいたんだって。その優しいメロディーは、今でもみんなの心に残ってるよ。」
  • 家族でのキャンプ旅行「ママの家族とのキャンプ旅行では、一緒に星空を見上げて、大切な思い出を作ったんだって。」
  • 高校の卒業式「ママが高校を卒業した日は、友達と抱き合って涙を流していたそうだ。あの日の友情は、今でも続いているんだよ。」
  • 大学生活と新しい友達「大学では、ママがたくさんの新しい友達と出会って、素敵な思い出をたくさん作ったんだって。」
  • 初めての海外旅行「ママが初めて海外に行った時、新しい文化に触れて目を輝かせていたんだ。その経験がママをもっと素敵な人にしたんだね。」
  • 社会人としての第一歩「ママが社会人になった時、新しい職場で一生懸命頑張って、たくさんのことを学んだんだって。」
  • ボランティア活動「ママは地域でボランティア活動をして、多くの人たちの役に立ってきたの。その優しさは、みんなの心に響いてるよ。」
  • 健一さんとの出会い「ママが健一さんに出会った時、二人はすぐに意気投合して、たくさんの共通の話題で盛り上がったんだって。」

鈴木花子さんのこれらのエピソードは、彼女の人生の重要な節目を感動的に描いています。子供の頃の純粋な喜び、青春時代の友情、そして大人への成長など、彼女の旅路を彩る色々な出来事が結婚式のプロフィールムービーで紹介されることで、彼女の人となりを深く理解し、感動を共有できるでしょう。

パパママ婚プロフィールムービーコメント例文 二人

佐々木健一さん & 鈴木花子さんの共通のエピソード

  • 大学での出会い「二人が大学で初めて出会った日、それはまるで運命のようだった。互いの目が合った瞬間、周りの世界が一瞬で変わったんだって。」
  • 初デートでの散歩「初デートで、二人は公園を散歩したの。手をつないで、笑いながら過ごした時間は、彼らにとって忘れられない思い出なんだ。」
  • 共に過ごしたクリスマス「二人が一緒に過ごした最初のクリスマスは、暖かい光と笑顔に満ちていた。互いへのプレゼント交換は、愛の深さを象徴している。」
  • お互いの家族との出会い「二人がお互いの家族に紹介した時、家族たちはすぐに彼らを温かく受け入れた。それは新しい家族の始まりだった。」
  • 一緒に旅行した海辺の町「一緒に行った海辺の町での旅行は、二人にとって特別な場所になった。海の音と共に過ごした時間は、彼らの心に永遠に残る。」
  • お互いの誕生日のお祝い「二人がお互いの誕生日を祝った時、それぞれが心を込めて準備したサプライズが、彼らの愛をより深めたんだ。」
  • 一緒に趣味を楽しむ時間「共通の趣味を楽しむ時間は、二人にとってとても大切な瞬間。一緒に料理をしたり、映画を見たりするのが好きなんだ。」
  • プロポーズの瞬間「健一さんが花子さんにプロポーズした日は、二人にとって一生の思い出。その瞬間、二人の未来が始まった。」
  • 結婚準備を通じた絆の深まり「結婚準備を一緒に進める中で、二人の絆はさらに深まった。喜びも悩みも共に分かち合い、お互いをさらに理解するようになったんだ。」

これらの共通のエピソードは、佐々木健一さんと鈴木花子さんの間に築かれた深い絆と愛情を感動的に描き出しています。結婚式のプロフィールムービーでこれらのエピソードを紹介することで、ゲストは二人の素晴らしい旅路をより深く感じ、その特別な日を共に祝うことができるでしょう。

パパママ婚プロフィールムービーコメント例文 ゲストへのメッセージ

「パパとママの大切なお結婚式に来てくれて、本当にありがとう!今日はパパとママが、ずっとずっと一緒にいるって約束する特別な日なんだよ。ボクもパパとママのそばにいて、これからも一緒にたくさんの楽しいことをするんだ!

みんながここにいるって、パパとママもすごくうれしいんだって。だって、みんながいつもパパとママを支えてくれて、たくさんの愛をくれるから。パパとママが出会って、ボクが生まれて、今日みたいな幸せな日が迎えられたのも、みんなのおかげなんだよ。

ボク、みんなのこと大好き!パパとママも、みんなのこと大好きだよ。これからも、パパとママとみんなと一緒に、いっぱい幸せな時間を過ごしたいな。パパとママのこれからの人生に、みんなの笑顔と愛がいっぱいあふれますように!」

他のパパママ婚プロフィールムービーコメント例文

プロフィールムービーコメント例文 パパとママのお話

《実際にムービーをチェックした花嫁からのコメント》

コロナ禍で結婚式を挙げるタイミングを見失ってしまい、憧れの結婚式でしたが、当初は予定すること自体諦めていました。

そんな中、妊娠が発覚し、嬉しさいっぱいでパパとママになりました。

そこでふと思ったんです。この子と一緒に結婚式を挙げたいって!幸い、産後はコロナ禍もあけていたので、家族中心の結婚式を計画することができました。

子どもがいる結婚式だからこそ、子どもをゲストにもしっかり紹介することが結婚式のテーマでもあったので、ファミリープロフィールは理想が形になったムービーでした。

写真を依頼できる枚数も多いため、私たちの写真はもちろん、子どもの写真もたくさんリクエストしましたし、我が子から写真にツッコミされながらゲストに紹介できることも面白くていいなと思いました!

上映をご覧いただいたゲストからは「今までにないプロフィールムービーだったし、ベビーちゃんのことも紹介してもらえて、嬉しかった!」とお声をいただきました。

子どもがもう少し大きくなったら、家族で一緒にプロフィールムービーを見るのが今から楽しみです♡

制作側の思いは「ベビーも一緒の結婚式をより思い出深いものにしてほしい!」

結婚式には、カップルそれぞれの思いが込められています。夫婦二人であげたかった人、コロナ禍で結婚式ができず、パパママになった人、お子さんが生まれてから結婚式を考え出した人。

どんな場合でも、お子さんが一緒の結婚式なら、「お子さんも主役となる演出を取り入れ、家族としての思い出を残してほしい」 AMOスタッフは、そんな思いでファミリープロフィールを作成しています。

お子さんは毎日どんどん成長していきます。今日のこの日は今しかありません。そんな大切な結婚式の思い出をプロフィールムービーに詰め込んで、お子さんとの思い出をぎゅっと残していただけたら、それほど幸せなことはありません♡

《プランナーからのアドバイス》

プロフィールムービーは多くのカップルが取り入れている演出であり、多くのゲストが楽しみにしている演出でもあります。期待度が高いぶん、他の方と一味違うようなテイストを取り入れ個性を演出したいところ。

パパママ婚でお子さんも一緒の結婚式を検討しているなら、お子さんにスポットを当てたムービーを上映してみませんか?

また、プロフィールムービーは、親御さまが楽しみにしている演出でもあります。そこへお孫さんの紹介まで入っているなら・・・もう宝物級のプレゼントになるのではないでしょうか。

お子さんが成長してから一緒に見れるというのも、ファミリープロフィールのおすすめできるポイント。パパママ婚ご検討中の方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

ムービーの依頼はこちら▶https://www.amo.am/movieitem/opening/?id=2907

Profileこの記事を書いた人

梶賀 裕司

ウエディング業界に2006年から従事している。演出が得意なウエディングプランナーとして活躍する一方、ウエディングに関するニュースを発信しているライターでもある。
ライターとしての活動は主にウエプラニュース(ニュースサイト)であり、
このサイトのディレクターも兼任している。