10月結婚メリットがいっぱい【ハロウンウエディング】を楽しむ!

閲覧数:129

10月に結婚式をあげる季節として、人気の高い10月。その理由はハロウィンがあること、ゲストが動きやすい連休があることや、過ごしやすい季節であることがあげられます。そのため、10月はウェディング業界でも「トップシーズン」と呼ばれ、人気が集まる月なんです!

そこで今回は、10月に人気が集まる理由や契約するメリットをリサーチしました!10月におすすめしたいカラードレスやブーケ、会場装花についてもご紹介しています。

また、知っておきたいデメリットとその解決策にも触れているので、契約前の参考にしてくださいね!

10月結婚式のメリット

10月というと、ウェディング業界でトップシーズンと呼ばれる人気の月。3連休など、遠方からのゲストが移動しやすい日程や、日柄の良い土日は、2年も前から予約が入ることもしばしば。

早速、10月に結婚式を挙げるメリットをご紹介していきましょう!

気候が良く過ごしやすい

10月一番の魅力は、なんといっても気候の良さ!冷房も暖房も不要な日にちが多く、屋内外問わず快適に過ごせます。

特に女性ゲストは、結婚式用のドレスで普段よりも露出しがち。暑さ・寒さを気にせず過ごせるのは嬉しいですね!新郎新婦はもちろん、お招きを受けたゲストにとっても、10月は結婚式の1日をより心地よく過ごせるタイミングだといえます。

天候に恵まれる日が多い

地域によって違いがあるものの、10月は天候に恵まれる日が多い様子。言い換えると、「大雨でがっかりした」という後悔ポイントが減る可能性が高いんです!

契約時に結婚式のお天気のことまでは予測できませんが、晴れている日が多い10月だからこそ、快晴の中の結婚式が期待できそうですね♡

連休があり、移動しやすい

遠方からのゲストが多いなら「ゲストの移動を考慮して結婚式は、3連休に挙げたい」と考える新郎新婦さまも多いです。

10月は、上旬にスポーツの日があり3連休となる月。

10月10日に設定されていた体育の日ですが、現在はスポーツの日へと改称。さらにハッピーマンデー制度に伴い、毎年10月の第2月曜日に設定される移動祝日となっています。そのため、スポーツの日直前の土日と合わせ、毎年3連休となるんです!

連休ならお仕事のお休みを気にせず、移動ができるゲストも増えるのではないでしょうか。

屋外の景観が素敵

夏の戻りが少しずつ紅葉に近づく10月。地域によっては、紅葉が始まる季節でもあります。鮮やかな緑と秋色に色づき始めた木々が共存する季節は、初秋の今しかありません!

屋外でのロケーションフォトや前撮りを計画するのも、最適なタイミングだと言えるでしょう。

また、10月はガーデンなど自然に囲まれたエリアで結婚式を検討している新郎新婦さまにもおすすめ。初秋ならではの素敵な景観で思い出の写真をたくさん残しましょう!

美味しい食材で料理が振る舞える

10月といえば・・・食欲の秋!

10月をはじめとした秋シーズンは美味しい食材がたくさん登場します。秋の旬食材をお料理に取り入れれば、美味しい満足感の他に、季節感もお届けできますね!

また、秋は、ブドウや梨、柿など旬を迎えるフルーツも盛りだくさん!旬のフルーツを使ったデザート系もおすすめです。

契約前に把握して!10月結婚式のデメリット

メリットがあるということは、デメリットもあるということ。人気が集まる10月の結婚式だからこそ、日程選びで失敗しないために、デメリットも把握しておきましょう。

希望日に予約が取れない可能性がある

過ごしやすい気候、お天気に恵まれる時期ということから、他の新郎新婦様も「10月の結婚式を狙っている」といえます。

ということは、お二人が希望している日程で予約ができない可能性があるということです。

《日程への対策》

10月の結婚式は、日程の争奪戦になる可能性が捨てきれません。

・大安吉日がいい

・3連休の真ん中の日がいい

・お付き合いの記念日なので、譲れない日程がある

など、日付へのこだわりがある場合は「早めの予約」がマスト!

人気のある会場は、2年も前から予約が埋まることも珍しくありません。自分たちの中で、最速を意識して会場選び・日程決めを進めていきましょう。

お得な料金のサービスプランで契約できない場合も

夏の“サマープラン”、冬の“ウィンタープラン”など、季節によってはお得なサービスプランが利用できる場合もあります。しかし10月は人気の季節のため、サービスプランの用意はなく、通常プランでの契約となる可能性が高いです。

他にも特典がなくなったり、数が減ったりなど、料金面がお得にならない場合もあります。

《料金への対策》

10月の結婚式を契約するなら「サービス特典は受けられない」と頭のすみに置いておきましょう。その上で、

・即決特典

・ブライダルフェアでの成約特典

など、契約したことで得られる特典をリサーチしておきましょう。こう言った特典の利用だけでもコストを抑えられますよ!

一方で、10月結婚式と料金を天秤にかけた時に、料金が傾くなら10月ではなく他の日程で結婚式を検討することも一つの方法です。特におすすめは、9月末の結婚式。9月というだけで見積が減るケースもある様子!見積もりがネックとなるなら、プランナーさんに相談して「9月だったら料金に違いが出るのか」と、相談してみましょう。

▶︎9月の結婚式のおすすめポイントについて詳しくはこちら

運動会と重なる可能性がある

気候や天候の良い10月は、保育園や幼稚園、小学校などの運動会と重なる可能性があります。他にも、地域で開催されるスポーツ大会や、マラソン大会が予定されていることもあるでしょう。

お子さんがいる世代のゲストが多い場合は、運動会とバッティングする可能性も。そうなると、どちらに出席すべきか、悩みを抱かせてしまう恐れがあります。

《運動会と重なる可能性への対策》

1年以上先の予定を決める場合、運動会と重ならないかどうかの予想は、なかなか困難です。園や学校の都合もあるため、蓋を開けたら「日程が重なってしまった・・・」という現実は、残念ながら致し方ないといえます。

しかし、招待された側であるママやパパの立場になると、我が子の運動会には参加したいという気持ちは当然。でも「結婚式を断ることも申し訳ない」とお考えなことでしょう。

そのため、日程が重なってしまった場合、ゲスト側で参加有無を決めてもらいやすい環境作りをしておきましょう。

例えば、

・運動会など学校行事と重なってしまったら、遠慮なく断って欲しい

・二次会だけでも参加してもらえたら嬉しい

など、ゲスト側に伝えておくといいですね。

また、学校等のスケジュールは、年度当初に発表されます。結婚式開催の年度の4月に入ってから、もう一度結婚式へのお誘いを打診するのもお忘れなく♡

友人の結婚式とかぶってしまう

同年代のご友人で結婚式を予定している人が周囲にいるなら、結婚式の日程が同日になってしまう可能性は捨てきれません。特に人気の10月ですから、かぶるケースもあることでしょう。

特に

・部活動やサークルが一緒だった

・同じクラスで仲の良いグループだった

という親しい間柄のご友人なら、お互いがお互いの結婚式に参加できないだけでなく、招待する友人たちもかぶってしまうかもしれません。両方から招待を受けたゲストは、困惑してしまうため、ご友人との日程被りは、できるだけ避けたいところです。

《友人と日程が被らないための対策》

ご友人と日程が被ることを防ぐ方法は、綿密なコミュニケーションに限ります。

・結婚が決まった

・10月に結婚式を挙げたいと思っている

など、今後の予定を共有し合っておきましょう。

お互いの結婚式に参列し合うためにも、結婚式の日程が決まったら早めに情報を伝えておきましょう。

プランナーさんも忙しい

10月に結婚式が多いということは、担当してくださるプランナーさんも多くの結婚式を抱えており、忙しいということ。他のカップルとの打ち合わせ時間も確保せねばならず、希望の日程や時間で打ち合わせが進められない可能性があります。

お仕事やプライベートに忙しくされている場合は、スケジューリングがうまくいかず、モヤモヤしてしまうことも否定できません。

《打ち合わせへの対策》

結婚式の打ち合わせは挙式の3ヶ月程度前から進んでいくことが一般的です。本番が近づくとプランナーさんが忙しくなることを見込んで、他の新郎新婦さまよりも少し前から打ち合わせを進めてみてはどうでしょうか♡

また、土日に打ち合わせの予約を入れていく新郎新婦さまが多いです。有給等でお休みが取れるなら、平日にお約束の予定を入れることも◎

平日なら他のお客様の姿も少なく、ゆったり打ち合わせが進められるかもしれませんよ♡

10月だからチョイスしよう!おすすめアイテムはこちら

多くの結婚式が予定される10月だからこそ、オリジナルテイストを演出できるアイテムをチョイスしたいもの。10月におすすめのアイテムをご紹介していきます。

オータムカラーのカラードレスを選ぼう

秋らしさを演出できる

・オレンジ

・ゴールド

・モスグリーン

など、オータムカラーのカラードレスをチョイスしてみましょう!目から入る色の演出はゲストの印象にも残りやすいですよ♪会場装花もドレスの色味に合わせてコーディネートすれば、一気に季節感を演出できます。

▶︎オレンジ系・グリーン系のおすすめカラードレスについて詳しくはこちら

ブーケや会場装花も秋仕様に♪

季節感を演出するには、ブーケや会場装花のデザイン、使用する花材にも注目しましょう!

ドレスの色に合わせて、バーガンディやゴールド、オレンジなどをリクエストするのがおすすめです。また、反対色であるパープル系も相性が良いので取り入れてみましょう。さりげなく木の実や松ぼっくりなどの自然素材もコーディネートするのも素敵ですね。

花材として人気のパンパスグラスも、秋らしさを演出してくれるのでオーダーしてみるのはどうでしょうか♡

10月にしかできない「ハロウィン」をテーマにチョイスするのもヨシ♡

ハロウィン結婚式
ハロウィン結婚式

秋に予定される人気のイベントといえば、ハロウィン!テーマパークでもハロウィンパーティーが計画されているので、子どもも大人もワクワクするイベントですよね。

10月に結婚式を予定するなら、ハロウィンを結婚式のテーマにチョイスしてみましょう!

ハロウィンらしさをムービーでも演出!

AMOではさまざまなムービーアイテムをご案内していますが、もちろんハロウィンにおすすめのムービーのご用意もございます!

カミングスーン ハロウィン

https://www.amo.am/movieitem/opening/?id=2859

“不思議でおかしなウエディングパーティー”と題して、新郎新婦ご入場前に上映するオープニングムービー「カミングズーン ハロウィン」。ハリウッド映画さながらの映像に、ワクワクが止まりません♪

ナレーションブライズ

https://www.amo.am/movieitem/opening/?id=4360

程よいナレーションと、昔のトーキー映画を思い出させてくれると人気の「ナレーションブライズ」。クスッと笑わせてくれる温かなムードの中、お二人のご入場をお待ちいただけます。

少しレトロなテイストがハロウィンムードにもピッタリです。

《Masakからのアドバイス》

気候や天候に恵まれる10月は、結婚式のトップシーズンとして人気が集まる月です。現役時代も2年以上先の3連休をご希望され、来館された新郎新婦さまもいらっしゃいました。それほど人気が集まるため、ご希望の日にちがあるなら早めの行動がおすすめです。特に日柄の良い土曜日は予約がすぐに埋まってしまうので、お二人の中での最速で行動を開始しましょう!

また、人気がある分、周囲のご友人と結婚式の日程がかぶったり、運動会などの行事とダブルブッキングする可能性もあります。ゲストにとっては参加有無の判断を迫られるケースもあるため、ゲスト側も希望を優先しやすい環境作りを心がけると良いですね。

また10月に結婚式を決めたなら、季節感を演出できるドレスカラーをチョイスしたり、旬のフルーツやお花などで初秋らしさを意識してみましょう!10月ならではのイベントである、ハロウィンを結婚式テーマにチョイスするのもおすすめです。

10月ハロウィン結婚式
10月ハロウィン結婚式

人気のある10月に運命の日を契約し、大切な結婚式がより思い出深いものとなりますように♡

Profileこの記事を書いた人

Masak

「人の笑顔に多く出会いたい」と思った学生時代。アルバイトとして婚礼会場のサービススタッフを経験したことで「私のイメージしている世界はここだ!」とウェディングプランナーになることを決意しました。
その後は、ウェディング系の専門学校を卒業し、ゲストハウスとホテルでウェディングプランナーに全力投球!新郎新婦さまたちの「ありがとうの涙」に出会えることが本当に幸せだと感じた現役時代でした。

自分自身の結婚に伴い、現在は現場から離れていますが結婚式が大好きな気持ちに変化なし!ウェディングライターとして結婚式の基本知識や定番演出、トレンド情報などを発信しています。

好きなことは読書とお菓子作り。
プランナー駆け出しの頃から「実るほど頭をたれる稲穂かな」をモットーに、何事も初心を忘れず学びの姿勢を大切にしています。