「5月の結婚式におすすめ」バルーンを使った演出&会場コーディネートまとめ

閲覧数:22

緑が豊かに実る5月。新緑の中で迎える結婚式を「特別な時間にしたい!と考えている新郎新婦様は多いものです。そんな5月の結婚式には、青空にも映える“バルーン”を活用した演出や会場コーディネートを検討してみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、SNSで発信されている先輩新郎新婦様のアイデアを元に、バルーンを活用して企画できる結婚式の演出やおすすめの会場コーディネートをご紹介していきます。

カラフルなバルーンは、愛と幸せの象徴♡会場やゲストの雰囲気を一気に明るくしてくれる最高のアイテムです!ぜひ活用してみてくださいね。

ウェルカムスペースにバルーンをセッティング

結婚式の受付も兼ねる、ウェルカムスペース。自由にコーディネートが楽しめるなら「自分たちらしく」自由に飾ってみましょう。

そこでおすすめできる装飾が「バルーン」です♡大小様々な大きさのバルーンでデコレーションすれば、インパクト大!ゲストの注目を集める場所になりそうです。

等身大の新郎新婦パネルとバルーンをセッティングしたアイデアです。一眼見ただけで「二人の結婚式だ!」とわかるだけでなく、モデルや芸能人になったかのような特別感も味わえる演出になりますね。

新郎新婦さまを模ったバルーンをセッティングするアイデアも素敵です。訪れたゲストの皆様の笑顔も誘えるコーディネートになりますね。フォトスポットとしても活躍しそうです!

ゲストからお祝いの声として届く「バルーン電報」。コンパクトなサイズのものもありますが、ウェルカムスペースにドーンとセッティングできるような大きなものもあるんです!大きなサプライズが届いた時は大胆に受付スペースを飾ってみてくださいね。

浮かんだバルーンにフォトを飾るアイデア

ゲストを「あっ!」と驚かすようなコーディネートをご希望なら、風船の“浮かぶ”性質を利用し、天井一面をバルーンで覆ってみませんか?

ヘリウムガスを入れたバルーンを天井に向けて浮かべ、バルーンにむすばれた紐にお二人の写真を飾るアイデアです。

ゲストを迎えるウェルカムスペースはもちろん、披露宴の入場口を飾るのも素敵ですね♡

バルーンの魅力は、好みのカラーで統一できること!カラフルでポップなデザインも素敵ですが、ブラウンやくすみカラーなど、控えめな色味を用意するのも素敵です。

バルーンに吊るすものは、お写真だけではありません!ゲストへのメッセージやお席をご案内するためのエスコートカードをご用意しても良いですね。

また、こちらのpicの新郎新婦は、ご用意したバルーンはバルーンリリース用のものをご用意されていたのだとか!披露宴中にリリースもできれば、一石二鳥ですね♡

忘れちゃいけない!定番演出バルーンリリース

結婚式に予定するバルーン演出で忘れてはならないものといえば「バルーンリリース」ですよね♡お空に向けて、ゲストも一緒にバルーンを飛ばす瞬間は圧巻です♡

お天気に恵まれる5月は、見上げたお空に雲ひとつないことも多いんです!春らしい空を彩るなら、カラフルなアソートバルーンにしてみましょう!空の青にカラフルなバルーンはピッタリ♡お写真にも残る最高の瞬間です。

ゲストのバルーンはノーマルなもの、新郎新婦様用のバルーンはハート型のものにするなど、一工夫してみましょう。形はもちろん、色や大きさを変えるアレンジもおすすめですよ!

夜空に輝くたくさんのランタン。ディズニープリンセスの映画、「塔の上のラプンツェル」にも登場する有名なシーンです。そのロマンティックさに憧れる花嫁様は多いもの。ナイトウェディングを計画しているなら、「ランタンバルーン」をリリースしてみませんか?

幻想的で忘れられない演出になりそうです!

プールのある会場なら!ドロップ&フライ

ゲストハウスなど、ガーデンにプールがあるような会場を結婚式の舞台としているなら、バルーンリリースではなく「ドロップ&フライ」を計画してみませんか?

ドロップ&フライの演出は、プールめがけてバルーンを投げると、バルーンを結んでいる糸が溶け、バルーンが空へと舞い上がる仕組み。

マジックのような仕掛けのため、「すごい!」というゲストの声が聞こえてきそうですね。また、プール一面を埋め尽くすバルーンは、圧巻!なんとも可愛らしく、不思議な演出です。

再入場はバルーンを持って!

お色直しから会場に戻ってくる再入場のシーン。どんな衣装にチェンジされるのかと、ゲストも心待ちにしている瞬間です。

そんな再入場時をインパクトのある演出にしたいご希望があるなら、ブーケではなくバルーンを持ってみるのはいかがでしょうか?

色とりどりのバルーンを持つなら、他の装飾がなくても十分!華やかすぎるショットが残せます。ブーケを持たなくても存在感の大きい再入場が計画できます。

Mr.とMrs.と書かれたバルーンも人気のあるアイテムの一つ。シンプルなカラーでも、持ち手となる紐の部分をフリンジやリボンなどでデコレーションしてみましょう♡

一手間加えるだけで「ただの風船」ではなく、最高のおもてなしアイテムになりますね。

6月結婚式におすすめの記事

ジューンブライド♡幸せな結婚生活が送れる6月婚。メリット・デメリットをご紹介

《Masakからのアドバイス》

晴れ間の多い5月だからこそ、屋外での演出を計画したいものです。そんな時におすすめできるアイテムが「バルーン」♡バルーンなら、好みのカラーで用意できるため、自分たちらしい結婚式のコーディネートが叶うんです!

私Masakのおすすめは、リリース用のバルーンに席札やエスコートカードをセッティングし、ウェルカムスペースを飾ること!華やかにコーディネートできるだけでなく、自分のカードを探す楽しみにプレゼントでき、さらにバルーンリリースで楽しめるという・・・まさに一石三鳥のアイデアです♡

また、バルーンを使った演出はバルーンリリースを筆頭に様々あります。ゲストと一緒に楽しめることも嬉しいポイントのため、「楽しい結婚式にしたい!」とお考えの方におすすめできる演出だといえます。ぜひ計画してみてくださいね!

Profileこの記事を書いた人

Masak

「人の笑顔に多く出会いたい」と思った学生時代。アルバイトとして婚礼会場のサービススタッフを経験したことで「私のイメージしている世界はここだ!」とウェディングプランナーになることを決意しました。
その後は、ウェディング系の専門学校を卒業し、ゲストハウスとホテルでウェディングプランナーに全力投球!新郎新婦さまたちの「ありがとうの涙」に出会えることが本当に幸せだと感じた現役時代でした。

自分自身の結婚に伴い、現在は現場から離れていますが結婚式が大好きな気持ちに変化なし!ウェディングライターとして結婚式の基本知識や定番演出、トレンド情報などを発信しています。

好きなことは読書とお菓子作り。
プランナー駆け出しの頃から「実るほど頭をたれる稲穂かな」をモットーに、何事も初心を忘れず学びの姿勢を大切にしています。