今が旬!イチゴを使った結婚式の演出で甘さと幸せ、フレッシュな雰囲気をお届けしよう!

閲覧数:23

地域や気候によって異なるものの、春から6月ごろにかけて旬を迎える「イチゴ」。甘酸っぱい香りと赤く可愛らしい見た目は、結婚式にぴったりのフルーツです。そんなイチゴを、結婚式のテーマにチョイスして、甘い幸せを演出してみませんか♡?

そこで今回は、イチゴを使った結婚式の演出をリサーチ!SNSで見つけた先輩花嫁さまの

アイデアも一緒にご紹介していきます。

春らしい結婚式を検討中の方や、ロマンティックな雰囲気を演出したい新郎新婦さま必見の情報です。ぜひ参考にしてみてくださいね!

ウエディングケーキはイチゴで決まり!

結婚式の序盤の演出でも登場するウエディングケーキ。甘い香りとフレッシュな見た目から、ゲストの笑顔を誘う大切なアイテムでもあります。

そんなウエディングケーキにイチゴをトッピングしない手はありません!イチゴのモチーフやデコレーションを施すことはもちろん、新郎新婦のイニシャルや結婚式の日付もイチゴカラーのチョコレートで飾ってみることもおすすめです。

イチゴを大胆にデザイン!インパクト大のウェディングケーキ

真っ白なウエディングケーキも、大胆にイチゴをトッピングすればインパクトが増す仕上がりになります。流れるようなイチゴのデザインはゲストもあっと驚く仕上がりに!食べてしまうのが勿体無いような華やかなウエディングケーキに仕上がっています。

シルバニアファミリーとの組み合わせが可愛い

子どもから大人までファンの多いシルバニアファミリー♡可愛いお人形と一緒にイチゴをデザインすれば、オリジナリティあふれるデザインに仕上がります。

女性ゲストはもちろん、お子さんたちにもきっと好評な仕上がりのはず!シルバニアファンにはたまらないデザインのケーキです。

あふれるイチゴが写真映え♡

まるでケーキからイチゴが溢れ出してきたかのようなデザインのウエディングケーキです。ケーキの登場はイチゴの香りが漂い、素敵な一瞬を演出できることでしょう。ケーキの白とイチゴは最高の組み合わせ♡ケーキ入刀の写真は、いっそう笑顔のあふれる一枚になりますね。

ブーケや会場装花にイチゴを取り入れて♡

ドレス姿の花嫁の手元に欠かせない「ブーケ」。さまざまなデザインのブーケが登場していますが、このブーケにもイチゴを取り入れてみましょう!花材との組み合わせや、白やピンクとのコーディネートは可愛らしさ十分!ウェディングドレスやカラードレスの可愛らしさを倍増させてくれるアイテムになるはずです。

ブーケと合わせてゲストのテーブルを彩る会場装花にもイチゴを取り入れてみましょう!

クラッチブーケで王道に

イチゴが大好きな花嫁さまたっての希望でイチゴを取り入れられたクラッチブーケ♡

淡いピンクの花材と赤いイチゴの組み合わせが可愛らしいデザインです。王道のクラッチブーケのアレンジのため、甘々ではなくナチュラルな雰囲気を演出できていることも素敵ですね。

カゴを活用したバッグデザイン

カジュアルな雰囲気を楽しみたいなら、カゴバッグを活用したバッグブーケはいかがでしょうか。ドライフラワーやアーティフィシャルフラワーを活用すれば、上品なデザインやレトロな雰囲気も演出できそうです。さらに結婚式後は新居のインテリアとしても活用できそうなので、あえてイミテーションデザインを用意してみるのも良いかもしれません♡

会場装花に生のイチゴをプラス

ゲストのテーブルを飾るテーブル装花に生のイチゴを取り入れたデザインです。赤く実ったものだけではなく、まだ青いものを取り入れてみるのも素敵ですね♡

大きな芍薬との組み合わせも最高です!

ペーパーアイテムもイチゴに似合うデザインを

結婚式には、ゲストを結婚式へお誘いする「招待状」、当日の席をご案内する「席次表」と「席札」、食事の内容を紹介した「メニュー表」など、さまざまなペーパーアイテムがあります。

このペーパーアイテムも、自分たちらしさや結婚式のこだわりを演出するのにピッタリ!イチゴに似合うようなデザインをチョイスし、ゲストへワクワクと幸せをお届けしましょう♡

AMOで揃う♡イチゴに似合うペーパーアイテム

春バラ

https://www.amo.am/paperitem/invitation/printed/?id=10140

バラを中心に春のお花を水彩画でデザインした印刷込みの招待状です。招待状の表紙だけでなく、内側にもイラストが描かれており、結婚式の詳細を見た時も華やかな気持ちになっていただけるはずです。

王道派のデザインやプリンセス風の招待状をお探しの方にもピッタリです。

ナチュラルフラワー

https://www.amo.am/paperitem/invitation/printed/?id=10169

無造作に置かれた可能な草花が華やかさを演出する招待状です。表紙だけでなく、裏表紙にも花材のデザインがあるので360度どこから見ても可愛らしい仕上がりに!赤や黄色のお花が散りばめられているので、春らしい暖かな雰囲気も十分です♡

プチギフトもイチゴでコーディネート

結婚式のエンディングにゲストへお配りするプチギフト。プチギフトも自分たちらしさを演出できるアイテムの一つのため、イチゴを感じていただけるようなアイテムをセレクトしてみましょう。

カタログギフト関連のおすすめ記事

悩んだらチョイス!結婚式の引き出物はカタログギフトで決まり

イチゴジャムをお渡し

ゲストへお渡しするプチギフトは、イチゴジャムで決まり!パンやスイーツ、ヨーグルトにトッピングするなど、イチゴジャムはさまざまなアレンジが可能です。ジャムの中でも好みがあまり分かれないフレーバーなので、老若男女、誰にでも渡しやすいギフトになるはずです。

イチゴの形の石鹸をプレゼント

イチゴ石鹸をハンドメイドしてお渡しするアイデアも素敵ですね!こちらの石鹸は、イチゴの果肉や苺ジャムまで入っているまさにお菓子のような石鹸。

泡立ちも気持ちよく、使い心地に問題がないことも嬉しいですね!あっと驚くデザインでゲストへ感謝をお伝えしましょう!

市販品を活用しても♡

いちご風味のサブレやクッキーなど、市販されているものを活用するのもおすすめです。すぐ購入できることや、味や見た目も可愛い市販品は、結婚式用のアイテムでなくても活用してOK!ラッピングはハンドメイドして、自分らしさをプラスしてみるのも素敵です♡

《Masakからのアドバイス》

春が旬のイチゴ。アレンジされたスイーツも美味しいですが、そのままいただくのも美味しいですよね。

そんなイチゴは、結婚式に欠かせないフルーツ。ウエディングケーキのデコレーションはもちろん、デザートビュッフェにも大活躍で、ウエディングドレスの白との相性もバッチリなアイテムなんです。

春に結婚式を検討されているなら、イチゴをふんだんに使った演出もぜひ検討してみてください。季節らしさをゲストに感じていただけるだけでなく、可愛らしい雰囲気をフレッシュに演出することも叶いますよ♡

先輩新郎新婦さまのアイデアを参考に、イチゴいっぱいで甘く幸せなウエディングスタイルをぜひ計画してみてくださいね!

Profileこの記事を書いた人

Masak

「人の笑顔に多く出会いたい」と思った学生時代。アルバイトとして婚礼会場のサービススタッフを経験したことで「私のイメージしている世界はここだ!」とウェディングプランナーになることを決意しました。
その後は、ウェディング系の専門学校を卒業し、ゲストハウスとホテルでウェディングプランナーに全力投球!新郎新婦さまたちの「ありがとうの涙」に出会えることが本当に幸せだと感じた現役時代でした。

自分自身の結婚に伴い、現在は現場から離れていますが結婚式が大好きな気持ちに変化なし!ウェディングライターとして結婚式の基本知識や定番演出、トレンド情報などを発信しています。

好きなことは読書とお菓子作り。
プランナー駆け出しの頃から「実るほど頭をたれる稲穂かな」をモットーに、何事も初心を忘れず学びの姿勢を大切にしています。