黒の【ウエディングドレス】はダメ?プランナーがお答えします!

閲覧数:2138

黒ウエディングドレスはあり?

カラードレスと聞くとイメージするのは、ピンクやブルーなどのカラフルな色味という花嫁さまが大多数かもしれません。しかし!実はブラック系のカラードレスに「大人かっこいい」と注目が集まっているんです!

そこで今回は、元プランナーである私Masakがおすすめするブラック系のカラードレスを

まとめてご紹介!運命のドレス選びにお役立てくださいね!

ウェディングシーンにブラック系のドレスってありなの?

ウェディングシーンにブラック系のドレス
ウェディングシーンにブラック系のドレス

結婚式の華やかさは、カラフルな色味が大きなポイント。花嫁さまそれぞれに好みのカラーは違いますが、ピンクやブルー、レッドにイエローなど、カラフルな色味のドレスをチョイスされることと思います。

しかし、昨今注目を集めているのがブラック系のカラードレス。ですが、ブラックと聞くと、葬儀などの不幸がイメージされ「着ても良いの?」と疑問がわいてしまいそうです。

この不安への回答は「着用して何の問題もなし!」。結婚式にブラックドレスのチョイスは何の問題もないんです。この理由は、日本ならではの婚礼衣装“引振袖”に隠されています。

引振袖は、白無垢、色打ち掛けと並んで大切にされていた結婚式の花嫁衣装。中でも黒の引き振り袖が最も格式が高いとされ、多くの花嫁が袖を通していたんです♡

今でこそ、黒の引振袖をチョイスする花嫁さまは減っていますが、黒も結婚式で重宝されていた色味だと分かりますね。

黒ウエディングドレスは「あなた色以外には染まりません」という意味も♡

黒のドレスは「あなた色以外には染まりません」という意味も

ウェディングドレスは「あなた色に染まります」という意味があることはご存じの方も多いはず。

そしてブラック系のドレスにも「あなた色以外には染まりません」という強い意味が込められているんです!生涯、新郎様と添い遂げるという強い意志の表れにもかんじますね♡

黒ウエディングドレスならスタイリッシュさを抜群に演出できる!

黒ドレスでスタイリッシュさを演出
黒ドレスでスタイリッシュさを演出

ブラック系のドレスの魅力は、格式や込められた意味だけではありません。それだけで十分高級感を感じられ、洗練された大人の上品さを演出できるという魅力も!

それに加えて、引き締めカラーであるブラックで、スリムに見せられるという効果も期待できます。ドレスのデザインや合わせる小物などで可愛らしい雰囲気も十分に演出できるブラック系ドレスには、無限の可能性が期待できそうですね♡

ウエディングドレスの人気記事

ブルードレス厳選【元プランナーが勝手におすすめ♪】

究極の洗練:ゴージャスでありながらも派手過ぎないコーラルピンクのウェディングドレス

ピンク ウエディングドレス8選【元プランナー】が勝手におすすめ

パープル ドレス厳選!プランナーがおすすめします!

《厳選》おすすめ黒ウエディングドレス 

それでは早速、おすすめのブラック系ドレスをご紹介していきましょう!

オフショルダーで女性らしさを演出

こちらのブラック系ドレスは、トップスはブラック、スカートは濃いめのブラウンという大人っぽい上品な一着。オフショルダーで女性らしさも演出できますし、フリルがいっぱいのスカートからは、可愛らしい印象も感じていただけることでしょう。

モダンな会場にもぴったりなデザインです。

《SHOP情報》Amtteliebe ASHIYA アンテリーベ芦屋本店

営業時間:平日 12:00〜19:00 土日祝 10:00〜19:00

定休日:水曜日

住所:兵庫県芦屋市大原町5-2 ポトラビル

電話番号:0797-23-7887

公式HP:https://amtteliebe.co.jp/

ナイトウェディングにもピッタリ!

ナイトウェディングを予定されているなら、大人っぽくバシッときまるブラック系のカラードレスがピッタリ。

トレンドのくすみ系カラーとの相性も良いので、会場が一気にオシャレにコーディネートできそうです。ゲストの予想をいい意味で裏切る演出にもなりますね。

人気ブランドでもブラックカラーは注目のまと♡

ドレスブランドで人気のハツコエンドウからも、ブラック系のカラードレスが登場し、じわじわと人気を集めているんです!実際に着用された花嫁さまからは「カラードレス、すごく悩んだけれど、きた瞬間にこれだ!と思った」とコメントも。

ふわっとしたチュールのデザインや、ブラックだからこそ映えるキラキラのビジューなど、見れば見るほど、オシャレさを感じられる1着です。

魅せる背中で女性らしさをプラス

黒ウエディングドレスは、花嫁の美しさを引き立てるカラーでもあります。背中を大胆に開いたシルエットで華やかさと女性らしさを演出してみましょう。

花嫁の強い意志が感じられるようなデザインで、存在感も十分!ショートカットやボブスタイルの花嫁さまにもおすすめできるデザインです。

ロケーション撮影もブラック系ドレスで決まり!

郊外のガーデンやビーチだけでなく、街中もロケーションフォトスポットとして人気の場所。中でも東京駅でのないと撮影はレトロでオシャレな写真が残せると人気のスポットなんです!

そんな東京駅での前撮りにも、ブラック系のドレスがおすすめ。上品さだけでなくレトロさやスタイリッシュさを引き立てる装いになりますよ♡

パフスリーブ付きで可愛らしさもプラス

小さなパフスリーブ付きで可愛らしさをプラスしたブラック系のカラードレス。ブラック系と聞くと、かっこいいシルエットをイメージしがちですが、小物や袖などのアレンジで可愛らしい印象にも着こなしできるんです♡

なお、こちらのドレスはセミオーダーの1着。花嫁様のご希望で、背中は編み上げのデザインに変更されているのだとか!

セミオーダーなら、小さなわがままもしっかり叶えられる1着となるのでおすすめです。

黒ウエディングドレスなら韓国風ウェディングフォトにもピッタリ

最近オシャレ花嫁さまの間で人気の韓国風ウェディングフォト。繊細なレタッチや本場さながらのヘアメイクで、日本にいながら韓国で撮影したかのような体験を味わえるスタジオも登場しています。

ブラックドレスなら、韓国風ウェディングフォトもより華やかに彩れますよ!

\このPICを撮影されたスタジオの情報はこちら/

Studio Le Temps

営業時間:平日 10:00〜18:00

定休日:火曜日・水曜日(祝日を除く)

住所:大阪市西区北堀江2-14-6 コンフィデンス北堀江1階・2階

電話番号:050-3138-4331

公式HP:https://letemps-studio.com/

黒ウエディングドレスを着用するときに注意したいポイント

おしゃれにスタイルアップできるブラック系のカラードレスですが、着用するときに注意したいポイントもあります。

「これが運命の一着だ!」と即決せず、注意点も確認した上でチョイスしてくださいね。

年配ゲストの評価

黒の引振袖をチョイスしているなら問題ないかもしれませんが、カラードレスがブラック系だと、年配ゲストから不評というケースも少なくない様子。この理由は、「カラードレス=華やかな色のもの」というイメージを抱いている方が多いためです。

そのため、ゲストの年齢層を考慮した上でブラック系のドレスをチョイスすると良いでしょう。

小物で華やかさをプラス

シンプルでスタイリッシュな雰囲気を演出できることもブラック系のドレスの魅力。しかし、この魅力が逆に「暗い」というネガティブなイメージを強めてしまうこともあるんです。

そこでおすすめなのが、アクセサリーやブーケ、パンプスなどの小物で華やかさをプラスすること。ブラックだからこそ、どんなアクセサリーとの相性も良いですし、色味のある華やかなブーケとも十分にマッチします。シンプルさを忘れずとも、華やかさをプラスすることも忘れないでおきましょう。

新郎様の意見も取り入れて

カラードレスを着用するのは花嫁自身。花嫁さまがお好みのカラーをチョイスすることがベストだと言えます。

しかし、可愛らしいピンクやイエロー、モダンなレッドなど、新郎さまが「着てみてほしい」というカラーがあることだって考えられます。これは、どの色味をチョイスするときにも言えることですが、新郎さまとのバランスや、彼の好み等にも耳を傾け、運命の一着と決めることを忘れずに♡

《Masakからのアドバイス》

花嫁といえば「純白のウェディングドレス」というイメージを払拭するようなブラック系のドレス。少し前までは、なかなか着用する花嫁様が少ないカラーだったのですが、最近はSNSでも注目が集まっているんです♡

「あなた以外には染まりません」という花嫁の強い意志を感じさせてくれるような黒ウエディングドレスは、いい意味でゲストの期待を裏切るお色直しとなることでしょう。

一方で、年配のご親族など、ゲストの中には「花嫁が黒の衣装を着るなんておかしい!」とのご意見があるかもしれません。花嫁さまのためのカラードレスですからご自身の意見は絶対に大切。ですが、ゲストあっての結婚式ですから、家族やご新郎さまの意見にも耳を傾けつつ、運命のドレスにセレクトいただければと思います。

Profileこの記事を書いた人

Masak

「人の笑顔に多く出会いたい」と思った学生時代。アルバイトとして婚礼会場のサービススタッフを経験したことで「私のイメージしている世界はここだ!」とウェディングプランナーになることを決意しました。
その後は、ウェディング系の専門学校を卒業し、ゲストハウスとホテルでウェディングプランナーに全力投球!新郎新婦さまたちの「ありがとうの涙」に出会えることが本当に幸せだと感じた現役時代でした。

自分自身の結婚に伴い、現在は現場から離れていますが結婚式が大好きな気持ちに変化なし!ウェディングライターとして結婚式の基本知識や定番演出、トレンド情報などを発信しています。

好きなことは読書とお菓子作り。
プランナー駆け出しの頃から「実るほど頭をたれる稲穂かな」をモットーに、何事も初心を忘れず学びの姿勢を大切にしています。