招待状 印刷込み 安い業者ランキング!ロット数や付属品も比較!

閲覧数:91

結婚式の招待状は、ゲストへの初めての贈り物でもあり、ウエディング準備のスタートアイテムです。自分達の個性が詰まったデザインを用意したいですよね。

そこで今回は、結婚式の招待状を印刷込みでオーダーするとしたらいくらかかるのか、ペーパーアイテムを請け負っている制作会社別にランキング形式で紹介していきます。

どのデザインも魅力いっぱいですが、果たしてコストを最も抑えられるデザインはどの会社なのか、チェックしてみてくださいね!

招待状の準備方法はこの4つ!

招待状の準備方法は大きく分けて

1)式場にオーダー

2)デザインを一から考えハンドメイド

3)手作りキットでハンドメイド

4)ペーパーアイテムの制作会社にオーダー

この4つです。

中でも人気の用意方法が

3)手作りキットでハンドメイド

4)ペーパーアイテムの制作会社にオーダー

です。

手作りキットはコストを抑えつつ招待状のオーダーが可能ですが、自宅で印刷するためのプリンターの用意が必要です。一方、ペーパーアイテム制作会社にオーダーすれば、手作りよりもコストはかかりますが、招待状の文面や宛名印刷も依頼できる魅力があります。

さらに、式場でオーダーするよりもコストカットが叶うことも嬉しいですね。

どの準備方法にもメリットがあればデメリットもあります。自分達にはどの準備方法が適しているか、相談しておくと良いでしょう。

招待状のハンドメイドに取り組む場合はメリット・デメリットを考慮しよう

結婚式の記念として「何かを手作りで用意したい」という新郎新婦様は少なくありません。ゲストにお渡しするアイテムを手作りすることは、コストカットという側面以上に大切な思い出として残るため、おすすめだといえます。

しかし、手作りにはメリット・デメリットがつきもの。

ご自身の状況や生活スタイルを考慮して、ハンドメイドするべきか、オーダーするべきかを検討することが大切です。

招待状ハンドメイドのメリット

招待状ハンドメイド
招待状ハンドメイドのメリット

ハンドメイドのメリットには

  • ゲストへのおもてなしアイテムに、より愛着が湧く
  • 自分で用意したという満足度が上がる
  • 二人で協力することで絆が深まる
  • 式場にオーダーするよりもコストカットが叶う
  • オリジナルのデザインも準備できる

などが挙げられます。どのメリットも、満足感がアップし、自分たちで結婚式を準備した!という深い思い出が残せることは嬉しいですね。

ハンドメイドのデメリット

招待状ハンドメイドのデメリット
招待状ハンドメイドのデメリット

ハンドメイドのデメリットは

  • 時間がかかる
  • パソコン、プリンターがないとトライできないことが多い
  • 結婚式のペーパーアイテムには決まりごとが多く、わかりづらい
  • 新郎新婦どちらかに負担が偏ってしまう可能性もある

などが挙げられます。まず、ハンドメイドにチャレンジしたいと思っていてもパソコンやプリンターが手元にない場合は、進めていくことができない可能性があります。結婚後に購入する予定がある場合は良いですが、購入予定がないのにパソコンやプリンターを用意してしまうと、コストカットに繋がらない可能性もあります。

また、いくら「テンプレートがあり、印刷するだけ」のアイテムであっても、本状面の文字入力は進めなければなりませんし、手間がかかります。印刷時には、途中で用紙が詰まってしまったり、インク切れがあったりなど、時間がかかることもあるでしょう。

さらに、一緒にどちらかに負担がかかってしまうことも多く、手作りに対する負担が原因でケンカに発展してしまわないとも言い切れません。

招待状ハンドメイドのメリット・デメリットの両方をカバーできる印刷込みアイテムがおすすめ

招待状ハンドメイドのメリット・デメリットの両方をカバー
招待状ハンドメイドのメリット・デメリットの両方をカバー

画像引用:https://www.amo.am/paperitem/invitation/printed/?id=10308

ご紹介したように、手作りにはメリットもあればデメリットもあります。加えて、ハンドメイドが好きなのか、苦手なのかによっても、制作にかかる時間やストレス度合いには違いが出てくることでしょう。

そこで!

手作りのメリット・デメリットの両方をカバーしてくれるアイテムが「印刷込みの招待状」なんです!最近はさまざまなペーパーアイテムの会社から多くのデザインが登場しているため「好みのデザインが選べない」という悲しい結果も減っています。

好みのデザインをリサーチして、オリジナル度合いの高い印刷込み招待状を用意していきましょう!準備に対する時間を節約して、自分の時間も充実させましょう!

ペーパーアイテム制作会社ランキング

AMOPIARYBridal PocketBlue&WhiteHAPPY LEAFFARBEblessCOCOSAB
印刷込み料金130円〜284円〜250円〜287円〜290円〜297円(売り切り終了品)本体価格(187円〜)+印刷料金(6050円〜)175円〜
ロット8部〜10部〜20枚以上(1〜19枚の場合は一律5000円で依頼可能)30セット以上10セット以上20部から(1〜19枚の場合は2200円の追加で依頼可能)1部から(印刷代金は1〜50部で6050円)10部〜
ロットへの追加1部〜10部単位10部単位1部〜10部単位1部〜1部〜10部単位
納期校了(印刷OK)の確認後、3日前の発送)印刷申し込み後、最短4日(土日祝含まず)校了(印刷OK)の確認後、1週間程度で発送。(発送から1日~2日程度でお届け)
封筒に宛名印字を行う場合は、追加で1週間程度
校了(印刷OK)の確認後、3営業日で発送。(出荷日の翌日にお届け※北海道・沖縄・離島は2日)
封筒に宛名印字を行う場合は、上記日数に2営業日追加
校了(印刷OK)の確認後、5営業日で発送。原稿を渡してから10営業日(土日含まず)別料金の特急対応なら5営業日(土日含まず)校了(印刷OK)の確認後、2〜3営業日で発送。11営業日(11営業日を切る場合はお急ぎ便(2200円)にて対応可
付属品
返信ハガキ
封筒◯(宛名・差出人印刷込み)◯(差出人印刷込み)
シール
付箋30円/1枚◯(挙式・バス・余興・集合写真・乾杯・受付・祝辞・万歳三唱)◯(受付4枚・乾杯1枚・祝辞2枚・スピーチ2枚)有料での案内◯(基本セット:受付/4枚 乾杯/1枚 祝辞/4枚 余興/10枚) 11円/1枚

AMO

https://www.amo.am/paper/invitation/printed/

印刷込みの招待状が130円と破格の「AMO」。印刷込みでも手作りキットと変わらない価格のため、結婚式の準備期間の時短に繋がりますね。

AMOの魅力は低コストだけではありません。個性あふれるオリジナルデザインが豊富に登場し、どれを選んでいいか悩んでしまうほど♫中でも、ニュアンスカラーやカリグラフィーのデザインはトレンドを意識できるデザインになっています。

また、自分たちの写真を用いた招待状デザインもあり、フルオーダーならではの特別感を味わっていただけることでしょう。

AMOはウエディングペーパーアイテムだけでなく、ムービーやウェルカムボードも展開しているため、他のウエディングアイテムとリンクしたチョイスも可能なことも嬉しいですね!

PIARY

https://www.piary.jp

それぞれの商品にレビューがつけられており、どのデザインにするか迷うなら、先輩花嫁様の声を参考にできる「PIARY」。印刷込みのデザインだけでなく、自分で印刷できる商品も販売しています。

豊富なデザインの中でも注目が集まるのは、トレーシングペーパーがセットになっているデザイン!他のペーパーアイテム会社で取り扱っていないようなシルエットで個性を演出しましょう。

また、自分たちのウエディング写真を用いて制作が可能なデザインもあります。思わず自慢したくなるような仕上がりは、お二人の世界観をより演出してくれることでしょう。

Bridal Pocket

https://www.bridalpocket.com

「データ制作・印刷セット」を申し込むだけで、招待状カード・データ制作・印刷・宛名印刷を250円で請け負ってくれる「Bridal Pocket」。手作りキットと変わらない料金で印刷込みの招待状を依頼できることが魅力です。

さらに、招待状と席次表、席札をセットで申し込みすることで、より一層お得な料金で依頼できるキャンペーンも開催されています。

招待状のデザインは王道のラグジュアリーデザインやスタイリッシュなもの、男前なブラックデザインなど、豊富にご用意。変わった形状のものあるため、他の新郎新婦様との違いを演出したい場合にもおすすめです。

Blue&White

https://www.bluewhite.jp/

印刷込みのペーパーアイテムを年間5000組以上対応している「Blue&White」。北海道から沖縄まで全国各地の新郎新婦様に対応しているため、地域的な風習や各地の制作マナーなどがあっても安心です。

また、Blue&Whitでは新郎新婦様ごとに専属担当がつくという特徴も。修正回数にも制限がなく、何度でも追加料金なしで対応が可能です。

デザインも豊富で、ナチュラルなテイストのものからシンプルでモダンなもの、大人の魅力を感じさせるもの、和風デザインなど!好みのデザインがきっと見つかる。そんなアイテムが揃っています。

HAPPY LEAF

https://www.happyleaf.biz/invitation/

新郎新婦の名前入りのデザインから海外風のデザインまでさまざまなタイプの招待状を用意している「HAPPY LEAF」。理想の結婚式を挙げようと思った時、費用の高さに対して、選べるアイテムが少ない。これを解決したいと考えるクリエイターが集まり、ハッピーリーフはスタートしたようです。

現在では、国内で希少な印刷機を使用し、印刷していることも特徴的です。

何より、多彩なラインナップが嬉しいポイント!王道のクラシックなデザインを筆頭に、和洋問わず豊富なデザインを取り揃えています。

また、招待状にセットするリボンやゴムは、多くのアイテムが全て結んだ状態でのお届け。ふたりでセットすれば時短にセットでき、忙しい結婚準備をサポートしくれることも嬉しいですね♪

FARBE

https://www.farbeco.jp/

結婚式で使うアイテムの企画・製造だけでなく、発送までを一貫して行っている「FARBE」。その9割は自社で生まれたオリジナル商品であり、専任のデザイナーが女性ならではの発想で商品作りをになっています。

「結婚式をもっと自由に もっと二人らしく」をテーマに、ここにしかない特別なものを提案。最高の幸せな笑顔が溢れる1日にしてほしいという思いが全ての商品に込められています。

また、毎週新しいアイテムが発売されており、こだわりを実現できるアイテムをリサーチできることでしょう。

なお、FARBE独自のサービスとして、パッケージ化されたアイテムではなく、お二人の要望に合わせたアイテムを1から制作するサービスも展開しているという特徴もあります。

bless

https://www.blessnet.jp/

バリエーション豊富なアイテム、価格設定などから、先輩花嫁の顧客満足度三冠を達成した「bless」。ふたりとゲストを結ぶ、大切な贈り物と招待状を位置付け、これからの人生の挨拶と感謝の気持ちを伝えるお手伝いをモットーにされています。

たくさんあるウエディングペーパーアイテムの中から、二人らしさを見つけ、ゲストの皆様をお招きしましょう。

また、ペーパーアイテムで節約できた予算を他の演出アイテムや花嫁みがきにあててほしいという思いから、リーズナブルな価格設定もblessの特徴。それでいて、品質にもこだわっていることが顧客満足度の向上に一役買っているのではないでしょうか。

COCOSAB

https://www.cocosab.com/

手作りアイテムなら69円から、印刷込みのデザインなら175円からと、リーズナブルな価格設定が魅力の「COCOSAB」。封筒の宛名印刷や返信ハガキの裏面の修正なども無料で請け負っています。

しかし「安いだけではなく可愛くて品質が良い」をコンセプトに、ふたりらしい、ふたりにしかできない思いを詰めたペーパーアイテム作りをされていることもCOCOSABの特徴。

和風・洋風だけでなく、リゾート風やロマンティックなデザインなど、バラエティに飛んだデザインから、自分たちらしいものをチョイスしてみましょう!

印刷込み招待状の低価格会社のランキング結果は・・・

印刷込みの招待状を提案しているペーパーアイテム制作会社、低コストランキングの結果、第一位は印刷込みでも手作りキットと変わらない価格で案内中のAMOでした!

AMOの印刷込み招待状は、豊富なデザインと経験のあるスタッフが新郎新婦様のお悩みに寄り添い、制作に当たっていることも自慢の一つ!

また、印刷込み招待状シリーズはスマホでの操作でオーダーできるという強みがあります。自宅にパソコンをお持ちでない場合でも安心です。お仕事の休憩時間などに準備を進められるので、忙しい新郎新婦様にもおすすめです♪

結婚式招待状に関する人気記事

招待状にサムシングブルーを取り入れてみて!ブルー系の招待状を7デザインまとめてご紹介

【印刷込み招待状】人気の花柄デザイン6選!ナチュラルウェディングとの相性もバッチリ

《印刷込み招待状》プランナーオススメお花のデザインまとめ

コストカットするためには追加部数にも注目を!

招待状に対するコストをカットするためには、最低限オーダーするロット数に対し、追加するセット数にも注目することが大切です。

例えば、必要な部数が21部の場合、追加セット数が10セット単位と決まっていては、30セットを購入せねばなりません。9部は必要のない招待状が手元に残るだけでなく、1部の単価は高くなってしまいます。

その点、AMOやBlue&White、FARBE、blessは最低ロットに追加する部数は1部単位でオーダー可能です。

21部ほしい場合は、21部のオーダーで良いため、お安く用意できると言えますね。

《Masakからのアドバイス》

今回は、プレ花嫁様に人気のウエディングペーパーアイテムの制作会社の印刷込み招待状について、料金や付属品を比較し、ランキング形式でご紹介しました。

どのアイテムも可愛く上品!デザインに優劣はつけられません。ご紹介したペーパーアイテム制作会社さまなら、きっとお二人の希望に添うアイテムが見つかるはずです。

その上で、申し込み可能な最低セットや納期、一式にセットとなるアイテムなどを見比べ、どのデザインにするか検討いただければと思います。

また、オーダーの際は最低ロット数だけでなく、追加オーダーのセット数にも注目してください。追加は10セット単位と決まっている場合は、必要ない招待状を購入せねばならないことも・・・結果、1部にかかる費用が高くなってしまう可能性もあるため要注意です。

招待状はゲストへの初めての贈り物であり、おもてなしスタートの品。自分たちの結婚式テーマにリンクするアイテムを選び、用意を進めていきましょう!