枝ブーケとその魅力!メリット デメリット 活用方法とは?

閲覧数:389

枝ブーケとは、文字通り樹木の枝や花々を束ねた、自然感あふれる花束のことを指します。ウェディングやパーティーなどのイベントでは、一般的な花束とは一線を画す存在感と、その自然的な美しさから人気を集めています。

枝ブーケの特長

枝ブーケの最大の魅力は、その自然的な美しさとユニークさにあります。通常の花束とは異なり、枝ブーケは花だけでなく、枝や葉、果実、実の付いた樹木なども組み込まれています。これらが一緒になることで、季節感や風情を感じさせ、見る人に深い印象を与えます。

そのため、枝ブーケは結婚式やパーティーで使用されることが多く、特にブライダルシーンではその存在感とともに、祝福の意味を込めて新婦が持つことが多いです。

枝ブーケの作り方

枝ブーケを作るには、まず選ぶ材料が大切です。季節やテーマに合わせて、花、枝、葉、果実などを選びましょう。また、色彩のバランスも重要で、全体の色調を一貫させることで美しい仕上がりになります。

次に、選んだ材料を束ねます。これは花材の長さや形状によりますが、一般的には中心になる花や枝を決め、その周りに他の花材を加えていきます。束ねる際には、全体のバランスを見ながら調整します。

最後に、束ねた花材をリボンやラップで固定します。ここでもデザイン性を追求し、全体の雰囲気に合わせた素材を選ぶと良いでしょう。

枝ブーケの活用方法

枝ブーケはその自然的な美しさから、多くの場面で活用することができます。

結婚式ではブライダルブーケとして、またパーティーやイベントではテーブルのデコレーションや入口の飾りつけなどに使用することができます。

また、枝ブーケはその存在感から、一般的な花瓶に入れてインテリアとしても楽しむことができます。リビングや玄関、寝室など、自然の香りと風情を感じることができる場所で使用すると、より一層その魅力を感じることができるでしょう。

枝ブーケの魅力はその自然的な風情と存在感にありますので、様々な場面での活用が可能です。以下にいくつか具体的な活用方法をご紹介いたします。

  1. ウェディングシーン: 枝ブーケは結婚式でよく使われます。ブライダルブーケとして、または会場装飾の一部として。自然の風情が演出されるため、アウトドアウェディングや自然をテーマにしたウェディングに特に適しています。
  2. ホームデコレーション: 枝ブーケはインテリアの一部としても活用できます。リビングルームのテーブルの上や玄関に置くことで、自然の要素を取り入れることができ、心地よい空間を演出します。
  3. ギフト: お祝い事や感謝の気持ちを表す贈り物として、プレゼントするのも良いでしょう。手作りの枝ブーケは特別感があり、相手の心に深く響きます。
  4. イベント装飾: パーティーやレセプション、コンサートなどのイベントでも、枝ブーケは大活躍します。テーブルセンターピースとして、または入口や壁面の装飾として使用できます。
  5. フラワーアート: 枝ブーケはフラワーアレンジメントの一環としても活用できます。色とりどりの花と自然の枝を組み合わせることで、独特のアート作品を生み出すことができます。
  6. 写真撮影: フォトシュートでの小道具として枝ブーケを使うのもおすすめです。特にポートレート撮影では、自然な要素を加えることで被写体を引き立てます。

以上のように、枝ブーケはその自然的な風情を活かし、さまざまな場面で利用することができます。枝ブーケを通じて、自然の魅力と共に特別な時間を演出してみてください。

ブーケのおすすめ記事

ボヘミアンウエディングドレスの魅力をご紹介!BOHOウエディングに合わせる!

枝ブーケのメリット

枝ブーケはその自然的な美しさと独特の形状から、多くのメリットがあります。以下、具体的なメリットをいくつかご紹介します。

  1. ユニークさ: 通常のブーケと比較して、枝ブーケはその自然感とユニークな形状により、特別感があります。それぞれの枝が一つ一つ異なる形状と長さを持っているため、一つとして同じものはないと言えます。
  2. 季節感: 使用する花や枝によって、季節感を強く表現することができます。春の新緑、秋の紅葉など、季節の移り変わりを身近に感じられます。
  3. 存在感: その大きさとボリューム感から、強い存在感を放ちます。特にイベントやパーティーでは、その存在感が空間をより一層引き立てます。
  4. 多様性: 使用する花や枝、葉、果実などを自由に選ぶことができるため、デザインの多様性があります。自分の好みやイベントのテーマに合わせて、自由にアレンジすることができます。
  5. 自然を感じる: 自然の枝や花を使用することから、自然を身近に感じることができます。その風情から、心地よいリラクゼーション効果も期待できます。
  6. 耐久性: しっかりとした枝を使用することで、枝ブーケは一般的な花束よりも耐久性があります。そのため、長期間飾っておくことも可能で、手間も少なく済みます。

以上のように、枝ブーケはその自然感とユニークさから、多くのメリットがあると言えます。その風情を楽しみながら、枝ブーケを活用してみてはいかがでしょうか。

枝ブーケの購入

枝ブーケの購入は、様々な方法があります。以下、いくつかの方法をご紹介いたします。

  1. フラワーショップ: 実店舗のフラワーショップでは、多くの場合、豊富な種類の花と枝を選び、自分の好みに合わせたブーケを作ることができます。また、専門的なアドバイスを受けながら、自分だけのブーケを作ることも可能です。
  2. オンラインショップ: インターネット上には、多くのオンラインフラワーショップがあり、枝ブーケを購入することができます。便利さと多様性が求められる場合には、オンラインショップが適しています。
  3. フラワーデザイナー: 個々のニーズに合わせた特別な枝ブーケを作るためには、フラワーデザイナーに依頼することが最良の選択肢です。これは特にウェディングなど、特別なイベントに対して適しています。
  4. DIY: 自分で枝ブーケを作ることも可能です。自分で素材を選び、アレンジすることで、完全に自分だけのオリジナルのブーケを作ることができます。

が大切です。

【人気の枝ブーケ】アンスリウムや海外花の個性派赤いブーケ ウェディングブーケ アーティフィシャルブーケ

枝ブーケ赤
枝ブーケ赤

【人気デザイン】和装やドレスにも合うマグノリアのモダンブーケ♡ アーティフィシャルフラワー マグノリア 桜

枝ブーケ白
枝ブーケ白

購入する際には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  • 予算: 使用する素材や大きさ、デザインによって価格が大きく変動します。購入前に予算を決め、それに合わせた選択をすることが大切です。
  • テーマ: イベントのテーマや個々の好みに合わせて、適切な素材や色、デザインを選ぶことが重要です。
  • 時期: 使用する花や枝には季節性があるため、それを考慮する必要があります。特定の花や枝を使用したい場合は、その花や枝が手に入る季節に合わせて計画すると良いでしょう。

以上のように、枝ブーケの購入方法は多岐にわたります。自分のニーズと予算に合わせて、最適な方法を選ぶこと

枝ブーケのデメリット


枝ブーケは多くのメリットがありますが、一方で考慮すべきデメリットも存在します。以下、いくつかご紹介します。

  1. サイズと重さ: 枝を使用するため、一般的な花束に比べて大きく、重いことがあります。特に、新婦が結婚式で持つブーケとして使う場合は、その重さと大きさを考慮する必要があります。
  2. 取り扱いの難しさ: 枝の長さや形状が一定ではないため、アレンジが難しいことがあります。また、枝が折れやすい、または刺があるなど、取り扱いに注意が必要な場合もあります。
  3. 保存環境: 一般的な花束よりも保存が難しいことがあります。特に、乾燥を防ぐためには、定期的に水分補給が必要であり、湿度や温度も適切に管理する必要があります。
  4. 制約の多さ: 使用する枝や花によっては季節による制約がある場合があります。また、自然保護の観点から、採取が制限されている植物を使用することはできません。
  5. コスト: 一般的な花束に比べて材料費が高くなることがあります。特に、稀少な植物や季節外れの植物を使用する場合は、コストが上がります。

以上のような点を考慮しながら、枝ブーケの活用を考えると良いでしょう。

枝ブーケの美しさと自然の風情を最大限に活かすためには、これらのデメリットを理解し、適切に対処することが重要です。

まとめ

枝ブーケは、その自然的な美しさとユニークな存在感から、さまざまなシーンで活用することができます。

特に結婚式やパーティーなどのイベントでは、その風情とともに祝福の意味を込めて使用されます。

枝ブーケを作る過程は、自分の感性やアイデアを活かすことができ、完成した時の達成感は格別です。また、手作りの贈り物としても喜ばれます。

自然の香りや風情を感じられる枝ブーケは、手にした瞬間から特別な時間を演出します。ぜひ一度、枝ブーケの魅力に触れてみてください。

Profileこの記事を書いた人

Masak

「人の笑顔に多く出会いたい」と思った学生時代。アルバイトとして婚礼会場のサービススタッフを経験したことで「私のイメージしている世界はここだ!」とウェディングプランナーになることを決意しました。
その後は、ウェディング系の専門学校を卒業し、ゲストハウスとホテルでウェディングプランナーに全力投球!新郎新婦さまたちの「ありがとうの涙」に出会えることが本当に幸せだと感じた現役時代でした。

自分自身の結婚に伴い、現在は現場から離れていますが結婚式が大好きな気持ちに変化なし!ウェディングライターとして結婚式の基本知識や定番演出、トレンド情報などを発信しています。

好きなことは読書とお菓子作り。
プランナー駆け出しの頃から「実るほど頭をたれる稲穂かな」をモットーに、何事も初心を忘れず学びの姿勢を大切にしています。