日本の結婚式の謎 – 伝統と革新の間で揺れる祝いの儀式

閲覧数:195

日本の結婚式は、国内外の多くの人々から見ても魅力的で、複雑な神秘性を備えています。一見すると、伝統的な要素と現代的な要素が融合したこの儀式は、多くの「謎」を秘めています。

日本の結婚式の謎
日本の結婚式の謎

伝統的な日本の結婚式は、「神前式」と呼ばれ、新郎新婦が神を前に結婚の誓いを立てる儀式です。この神前式の根底には、古来より続く日本の神道思想が流れており、神々と人間、自然との調和を重んじる精神性が反映されています。

神前式の一環として行われる「三三九度」は、その最たる例です。これは新郎新婦が三回ずつ三口ずつ、合計九回に分けて日本酒を飲む儀式で、新郎新婦の結束と、三つの世界 – 神々、自然、人間との関係を象徴しています。しかしながら、この独特な儀式がどのように始まったのか、また、何故に三という数字が重視されるのかは、謎に包まれています。

お祝いの儀式
お祝いの儀式

また、神前式において新婦が着用する「白無垢」は、その名の通り白色の着物で、純潔と神聖を象徴します。しかし、この白無垢の起源やその独特なデザインの意味については、詳細な記録が存在せず、謎が多いです。

近年では、洋風の「チャペル式」が主流となっています。白いウェディングドレス、牧師による誓いの言葉、指輪の交換など、西洋の結婚式の影響が色濃く見られます。しかし、なぜこの西洋風の結婚式が日本で広く受け入れられ、また、日本の結婚式に独自の要素が加わった理由は一見明らかではありません。

日本の結婚式
日本の結婚式

日本の結婚式にはさらに、受け継がれる「結納」、「引き出物」、「二次会」などの独特な習慣もあります。これらは結婚式の本質的な部分ではないものの、それぞれが日本の社会構造や家族観を反映しており、それぞれの起源や意味を理解することは、日本文化の理解を深める上で重要です。

日本らしい結婚式おすすめ記事

日本らしい結婚式を料亭で!純和風が叶う料亭ウエディングの魅力を深堀り

日本庭園で結婚式を!憧れの白無垢姿を雅に残そう。

伝統の儀式
伝統の儀式

以上のように、日本の結婚式はその深遠な歴史と複雑な文化背景を持つ「謎」の舞台です。それは伝統と革新、東洋と西洋、神聖と俗世が交錯する世界で、その各要素は日本の社会、文化、思想を象徴しています。

結婚式の伝統と革新
結婚式の伝統と革新

それぞれの「謎」が解ける度に、我々は結婚という行為の多様性と深さ、そしてそれが生まれた文化背景の理解を深めることができます。これらの「謎」を探求することで、日本の結婚式が持つ豊かな伝統と洗練された美しさを再発見することができるでしょう。

Profileこの記事を書いた人

Masak

「人の笑顔に多く出会いたい」と思った学生時代。アルバイトとして婚礼会場のサービススタッフを経験したことで「私のイメージしている世界はここだ!」とウェディングプランナーになることを決意しました。
その後は、ウェディング系の専門学校を卒業し、ゲストハウスとホテルでウェディングプランナーに全力投球!新郎新婦さまたちの「ありがとうの涙」に出会えることが本当に幸せだと感じた現役時代でした。

自分自身の結婚に伴い、現在は現場から離れていますが結婚式が大好きな気持ちに変化なし!ウェディングライターとして結婚式の基本知識や定番演出、トレンド情報などを発信しています。

好きなことは読書とお菓子作り。
プランナー駆け出しの頃から「実るほど頭をたれる稲穂かな」をモットーに、何事も初心を忘れず学びの姿勢を大切にしています。