最高のホワイトデーを演出!円周率プロポーズで一大決心を伝えよう♡

閲覧数:9

バレンタインにチョコレートをもらった男性も、大切な彼にチョコレートを渡した彼女もちょっとそわそわするホワイトデー。

  • どんなお返しかな?
  • 彼女は何が喜ぶかな?

贈り物やお礼は何にしようかと想いを馳せることだと思います。

そんなホワイトデーは、実はプロポーズに最適な日なんです!

彼女との結婚を考えているなら、ホワイトデーをプロポーズ記念日にしてみませんか?♡

今回は、ホワイトデーがプロポーズに最適な理由をご紹介!ホワイトデーを最高の思い出にしたいと考えている人やプロポーズを計画中の人、どんなサプライズプロポーズにしようかお悩み中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずはおさらい♪プロポーズとは?

まずは、プロポーズについておさらいしておきましょう。

プロポーズとは、結婚したい相手に「結婚したい!」という自分の意思を伝えることです。この気持ちへ「OK」の返事を頂戴できたら、二人の間で結婚の約束が交わされたことになりますね。

しかし、この段階はあくまでも「口約束」。正式に結婚しているわけではなく、当人同士で結婚の約束を済ませただけの状態だと言えるでしょう。婚姻届の提出で夫婦になることは可能ですが、それまでには親御さまの承認や周囲への報告、結婚式を挙げる場合にはその準備など、様々な「結婚準備」が控えているんです!

プロポーズは、「結婚するための準備期間」のスタート地点。結婚への共通の意思があるのかを確認し、お互いの気持ちを理解するためにも、プロポーズは大切にしたい節目のイベントだと言えるでしょう。

プロポーズのシチュエーションに決まりはない

プロポーズは「結婚したいという意思を伝える」タイミングであり、“こうしなければならない“という決まりがあるわけではありません。

  • 高級なレストランで食事をしながら
  • テーマパークを舞台にしてHAPPYに
  • 夜景が見える公園でロマンティックに
  • フラッシュモブでサプライズ

など、様々な人気のシチュエーションがありますが、どのプランをチョイスせねばならないわけではないんです。

しかし、口約束だけではなく婚約を形にするためにプロポーズとともに「婚約指輪(エンゲージリング)」を渡すことが一般的。“婚約指輪を受け取ることでプロポーズを承認する“という気持ちを表す方法にもなっています。

なお、結婚を記念して結婚式で交換する「結婚指輪(マリッジリング)」と婚約指輪は別物です。結婚指輪は「結婚を記念して贈る指輪」を意味するため、両者の違いはチェックしておきたいところですね。

実はプロポーズに人気があるホワイトデー

プロポーズや婚約指輪の基本をおさらいしました。

クリスマスやバレンタインなどの季節を代表するイベントは、夫婦や家族、カップルにとって大切な日ですよね。こういったイベントを利用してプロポーズを検討している人も多いことでしょう。

そんな中ホワイトデーは、実はプロポーズに最適なタイミングで人気が高い日なんです。その理由は次のとおりです。

男性主導でサプライズを計画しやすい

ホワイトデーは、バレンタインに頂戴したチョコレートに対してお返しするタイミング。そのため、男性主導でデートを計画したり、予定を決めたりしやすいタイミング。自分からお誘いする分、レストランの予約やデートコースなど、自分好みに計画しやすいと言えるでしょう。

その分、自然な流れでプロポーズを予定することも十分に叶いますね!

チョコレートのお返しと名目付けができる

女性は勘がいいものです。些細な行動でも、普段と違えば「何か考えているのかな?」と気づかれてしまうことも多いのではないでしょうか。

特に、お付き合いが長かったり、二人の中で結婚の話に触れることがあったりするなら、少しの違いで「もしかしてプロポーズ?」と気づかれてしまうこともあるでしょう。そんな中では折角の計画も台無しです。

しかし、ホワイトデーなら全て「バレンタインのお返しだから!」という名目で普段と違うデートの計画も可能です。バレバレな中のプロポーズにならないように計画できることも、ホワイトデーならではの魅力と言えるでしょう。

円周率で「割り切れない」にあやかれる

ホワイトデーは3月14日。数字の「314」から「3.14」の円周率をイメージできるとされています。円周率といえば、いつまでたっても割り切れない数字の代表格。この日に起きたおめでたい事柄なら「割り切れない」と思えるため、プロポーズで永遠の愛を誓うには最適のタイミングだと言えるでしょう。

「プロポーズはホワイトデーだった」というだけでも、十分思い出に残るにも関わらず「割り切れない」を意識した円周率プロポーズなんて、より一層の思い出になりそうです♡

毎年プロポーズ記念日としてお祝いできる

ホワイトデーだけでなくイベントにリンクさせたプロポーズは、何年経っても忘れず大切な思い出として心に残りやすいという魅力を兼ね備えています。

ホワイトデーは毎年3月に訪れます。記念日に疎いとしても、ホワイトデーの前にはバレンタインが控えているため、忘れず意識できることでしょう。

また、サプライズを計画したいと考える場合でも、バレンタインからの1ヶ月で準備を進めることも可能ですね。

結婚式を挙げる場合が秋のウエディングシーズンにも間に合う

結婚式の日程として人気のシーズンといえば、10月〜11月の秋シーズン。雨が少なく、暖かい日が多く気候が穏やか。屋外でも屋内でも過ごしやすいため、ゼクシィトレンド調査2023調べでも多くのカップルが結婚式の日として予定したと報告されています。

結婚式を万全な体制で進めるには、最低でも半年程度の準備期間が必要だと言われているため、余裕を持ったスケジューリングが重要。

そのためホワイトデーにプロポーズを実施すれば、秋シーズンの結婚式も十分視野に入ります。「結婚式は今年中に挙げたい!」と考えているカップルにとって、ホワイトデーのプロポーズは良いタイミングだと言えるでしょう。

新生活を新たな気持ちで迎えられる

年度が終わる3月は、学生さんなら卒業、社会人なら異動や転勤、職場の配置換えなどが決まるタイミングです。都道府県をまたぐ異動で新年度を迎える人や、中には海外に転勤が決まったなど、大きな変化がある人もいることでしょう。

そんな中、彼・彼女との結婚が決まっていたらより一層気持ちも新たに新年度を迎えられるはず。桜満開の心持ちで新しいスタートできることは嬉しいですね。

また、「転勤前にけじめをつけたい!」と思っていたり「思い出に残るプロポーズを計画したい」と考えていたりするなら、ホワイトデーなどのイベントを利用したプロポーズは最適なタイミングになることでしょう。

どんなプロポーズがおすすめ?人気の演出を紹介

プロポーズは男性にとっても女性にとってもドキドキな一大イベント。思い出に残ることはもちろん、彼女に喜んでもらいたいと思う男性は多いものです。

ホワイトデーのプロポーズにおすすめな人気のプロポーズを、まとめてご紹介していきましょう。

まずは確認!彼女はどんなプロポーズが理想?

プロポーズを計画する前に「彼女はどんなプロポーズが理想なのか」リサーチしておきましょう。

サプライズやロマンティックな演出を希望している女性もいれば、苦手と感じていることも十分にあり得ます。また「二人の思い出として大切にしたいから」との思いから、ラッシュモブなど、特定の演出に抵抗を感じていることもあるでしょう。

理想を100%実現しなくても、「苦手」と感じる内容は避けたいもの。

プロポーズの計画前には「彼女はどんなプロポーズを理想としているのか」をリサーチしておきましょう。

まずは定番!ホワイトデーのお返しと一緒に渡そう

まずは定番の演出のご紹介から!「ホワイトデーのお返しと一緒に指輪を渡す」計画を立ててみましょう。

ホワイトデーなら「バレンタインのお返しだから」と、準備した指輪を他のプレゼントと一緒にお渡しすることも可能です。

これもお返しのプレゼントなんだ!

なんて、さりげない一言と一緒に結婚指輪を渡す演出なら、サプライズに期待している人にはもちろん、苦手と感じている人に対しても計画できそうです。ベタな演出ながらも定番のサプライズはきっと喜んでくれるはず。謙虚で真摯な気持ちがストレートに伝わるので、彼女も感動してくれることでしょう。

値段が異なるプレゼントでびっくりな気持ちを増産!

プロポーズが大切なイベントとはいえ、改めて気持ちを伝えるのは照れくさいものです。その他にも「彼女の驚く表情を見たいな」と思うなら、値段が大きく異なるプレゼントを渡してびっくりな気持ちを増産する作戦がおすすめです。

まずは、ホワイトデー用のお返しとして手頃な価格のお菓子やハンカチ、ハンドクリームなど、デイリーに活用できるアイテムをお渡しします。そのあとで、タイミングを見計らって「実はこれももらって欲しいんだ」と婚約指輪をお渡ししてみましょう!

二段階のプレゼント作戦には彼女もびっくり!値段差のあるサプライズで彼女の驚く気持ちも増産できそうです♡

お姫様気分を味わえるお花と一緒のサプライズ

お姫様のような気分を味わいたいと希望しているなら、たくさんのバラと一緒に婚約指輪を渡すなど、非日常を感じられるようなイベントを計画してみましょう。

食事を予約する際、「デザートのタイミングでお花を持ってきて欲しい」など、サプライズに協力を依頼することもできますね。

レストランの中にはプロポーズのための食事プランやオリジナルコースを用意していることもあります。こういった期間限定のオリジナルコースをチョイスしてみても良さそうです。

テーマパークや夜景のレストランなど、特別な時間でプロポーズ

テレビやSNSなどでも取り上げられている、テーマパークや夜景の見えるレストランなど、有名人が結婚発表で報告する特別な空間でのプロポーズ。こういったプロポーズに憧れている女性も多いのではないでしょうか。

下準備ができるからこそ、特別な空間を利用するプロポーズも計画できそうです。

プロポーズでよくあるお悩み

ここからは、プロポーズでよくあるお悩みについてご紹介していきます。

彼女の希望が「そんなプロポーズでいいの?」と思う内容なんだけど・・・

彼女の理想を優先させるのも優しさです

女性の好みはさまざまなので、「そんなプロポーズが希望なの?」と思うような、理想を抱いている方もいることでしょう。

例えば

・家で夕飯を食べている時がいい

・ドライブ中のタイミングが希望

などなど・・・

非日常のプロポーズをイメージしていると思いきや、日常の一コマを希望している女性も実は多いんです。

彼女にプロポーズをリサーチし、自分の想像と離れていた場合は「彼女の希望に合わせる」ことも優しさです。サプライズが苦手ならサプライズを受けても「嬉しい」とは思えないことも十分にあり得ます。彼女の希望に近いような内容を計画してみてくださいね。

指輪に希望があるみたいだし、サイズもわからない・・・準備はどうする?

一緒に買いに行くことも検討しよう

婚約指輪や結婚指輪は、一生の宝物。自分の希望のデザインや、サイズもぴったりなものが欲しい!と思う女性も多いです。彼女が指輪への理想を描いているなら、勝手に用意するのではなく一緒に買いに行くことも検討してみましょう。

とはいえ、プロポーズの時に指輪をもらいたいのも女性の心理です。そんな時はアクセサリーとして活用できるようなプチプラアイテムを代用品として渡してみましょう。

プロポーズのお返事を受けた後は「好みのものを一緒に選びたい」と自分の気持ちを伝えることもお忘れなく!

指輪に関するおすすめ記事

『誓いの数だけストーリーがある』NIWAKA【俄】が映し出すブライダルリングの魅力を深掘り!

《Masakからのアドバイス》

3月14日のホワイトデー。バレンタインデーのお返しとして男性主導でサプライズを計画できる最高のタイミングなんです。さらに、「3.14」の円周率にちなんで、割り切れないという験担ぎも叶えられる最高の日なんです!

また、プロポーズにおすすめされているようなロマンチックなレストランを予約したいと考えている場合も、「バレンタインのお返し」という名目を活用できます。プロポーズだとバレない中で計画していくこともできるでしょう。

とはいえ、彼女が希望としているプロポーズがどんなものなのかリサーチしてみることもおすすめ。彼女の希望が「そんなプロポーズが理想なの?」という意外なものであったなら、彼女の希望を優先して計画することも優しさです。

結婚指輪をお花と一緒に渡すことや、彼女好みのプレゼントで驚かせるだけがサプライズではありません。二人らしい思い出に残る1日にできるよう、ホワイトデープロポーズを計画してみてくださいね!

Profileこの記事を書いた人

Masak

「人の笑顔に多く出会いたい」と思った学生時代。アルバイトとして婚礼会場のサービススタッフを経験したことで「私のイメージしている世界はここだ!」とウェディングプランナーになることを決意しました。
その後は、ウェディング系の専門学校を卒業し、ゲストハウスとホテルでウェディングプランナーに全力投球!新郎新婦さまたちの「ありがとうの涙」に出会えることが本当に幸せだと感じた現役時代でした。

自分自身の結婚に伴い、現在は現場から離れていますが結婚式が大好きな気持ちに変化なし!ウェディングライターとして結婚式の基本知識や定番演出、トレンド情報などを発信しています。

好きなことは読書とお菓子作り。
プランナー駆け出しの頃から「実るほど頭をたれる稲穂かな」をモットーに、何事も初心を忘れず学びの姿勢を大切にしています。